NBA stars -NBAファンサイト-

アーカイブ : 2015年05月

エンゾ・リー

エンゾ・リーのバスケスキルがスゴイ!5歳児にしてこの練習!

NBAを見ていて思うのですが、アメリカでは毎年のように スター選手が現れますよね。 もちろんバスケ人口や環境が日本とは大きく違うのは事実です。 手軽にバスケができる環境は日本にありませんし アメリカでは小学生でも305㎝のリングでプレイしているのも 大きな違いですよね。 それから練習内容も違います。 『アメリカではこんな小さな...

2015 NBAファイナル

カリーvsレブロン!2015年NBAファイナルの特別な8個の真実とは?

今シーズンのNBAも大詰めを迎えています。 ファイナルの顔合わせは イースト2位、レブロン・ジェームズ率いるクリーブランドキャバリアーズと ウェスト1位、ステフィン・カリー率いるゴールデンステイト・ウォーリアーズ のマッチアップとなります。 NBAファイナルは6月4日木曜日に始まるわけですが シリーズ開幕前に2015年NBAフ...

オースティン・リバースの評価は?スキルの高いドックの息子!

オースティン・リバースの評価は?スキルの高いドックの息子!

オースティン・リバースといえば 父親のドック・リバースがHCを務める クリッパーズのガードですよね。 2015年1月に当時セルティックスに所属していた ジェフ・グリーンのトレードに伴って ペリカンズからセルティックスにトレードされました。 セルティックスはリバースに興味がなく解雇される可能性がありましたが 父のいるクリッパーズ...

シャリーフ・オニール

シャックの息子シャリーフが1on1で親父に勝利?レブロンに挑戦状

以前シャックの息子であるシャリーフ・オニールについて紹介しました。 関連記事はコチラ⇒シャックの息子シャリーフ・オニールは高校生!未来のNBAスター? 高校生1年生、まだ15歳にして203㎝の身長があるシャリーフですが プレイスタイルは全くシャックと違います。 もちろんポストプレイもこなしていますが フリースローも上手く、ロン...

コービー カール・アンソニー・タウンズ

コービーは来季で引退?レイカーズにマッチするのはタウンズorオカフォー?

アメリカのメディアでは2015-16シーズンが コービー・ブライアントのラストダンスになるだろうという見方が 大半を占めているようですね。 そんな中、ドラフトロッタリーで 2015年NBAドラフト2位指名権を獲得した LAレイカーズ。 今回のドラフトの目玉はやはり2人のビッグマンですよね。 それはカール・アンソニー・タウンズと...

スコッティー・ピッペン

スコッティー・ピッペンは最強のオールラウンダー!レジェンドも絶賛!

シカゴ・ブルズの黄金時代である1990~1999年。 この期間にブルズは2度のNBA3連覇を成し遂げています。 その中心にいた選手はもちろんマイケル・ジョーダン。 しかし、テックス・ウィンター(トライアングルオフェンスの生みの親)は こんな主旨の発言をしています。 ジョーダンはピッペンが何か特別な人間だといつも感じていたようだ...

2015NBAドラフト

2015年NBAドラフト指名権が確定!最新情報ではオカフォーが1位指名!

2015年のNBAドラフトロッタリーが現地時間19日に行われました。 ドラフトロッタリーとは、ドラフト指名順位抽選会のことで プレイオフに進出できなかったチーム(14チーム)が 抽選でドラフト1巡目指名権を決めます。 1位~3位指名権は抽選で決定し、4位指名権以下は 残りのチームのレギュラーシーズンの成績の悪いほうから 振り分...

ウィリー・コーリーステイン

コーリーステインはラリーバードが認めた1億ドルプレイヤー?

NBAプレイオフもカンファレンスファイナルに 進出を決めた4チームが出そろいました。 結局、ウェストもイーストもカンファレンス1位と2位が 勝ち抜いてきましたね。 個人的にはもうちょっと波乱があると思っていたのですが…。 のっけから話がそれちゃいましたが 2015年NBAドラフトまで40日を切りましたね。 NBAドラフト・コン...

シャリーフ・オニール

シャックの息子シャリーフ・オニールは高校生!未来のNBAスター?

シャキール・オニールと言えば、その恵まれた体格と 高い身体能力を活かして1990年代中盤から2000年代にかけて NBAを支配したレジェンドプレイヤーですよね。 関連記事はコチラ↓ シャックの身体能力は最強?伝説のダンクでゴール破壊動画がスゴイ シャックと猫のコラボ動画が面白い!性格の分かるエピソードは? ゴールを破壊したり、...

アイバーソン カリー アービング

アレンアイバーソン『カリーとアービングのハンドリングは俺以上』

アレン・アイバーソンと言えば類まれな身体能力を持ち、 クロスオーバーを武器に得点を量産した 『NBA史上最も背の低い得点王』ですよね。 アイバーソンがルーキーの時、ジョーダン相手に見せた クロスオーバーは伝説にもなっています。 (下にその動画もありますのでチェックしてくださいね。) 彼のクロスオーバーはアイバーソンクロスオーバ...

Return Top