NBA stars -NBAファンサイト-

アーカイブ : 2015年12月

ステフィン・カリー クロスオーバー

2015年NBAのベストアンクルブレイク&クロスオーバーをチェック!

2015年も今日で終わりですね! 一年あっという間に過ぎてしまう今日この頃ですが…。 今回は2015年のNBAトップ10クロスオーバーと トップ10プレイ動画で今年を振り返りたいと思います。 関連記事はコチラ↓ レブロン・ジェームズ31回目の誕生日をNBAがトップ10プレイで祝福 どのプレイも年間ベスト10に入る印象に残るもの...

レブロン・ジェームズ 誕生日

レブロン・ジェームズ31回目の誕生日をNBAがトップ10プレイで祝福

レブロン・ジェームズの誕生日は1984年12月30日。 日本とアメリカでは時差があるので日本時間の今日 レブロンは31回目の誕生日を迎えたわけですが リーグで最も支配的な選手の誕生をNBAがトップ10動画で祝福しました。 それでは早速、レブロン・ジェームズの 2015年トップ10動画をご覧ください!

NBA 珍プレー

NBAおもしろ珍プレー動画【シャクティン・ア・フール2104-15】

2015年も残すところわずかとなりました。 今回はアメリカのスポーツ番組『Inside The NBA』で シャックが担当する『シャクティン・ア・フール』の 2014-15シーズン総まとめ動画を紹介したいと思います。 40分強と長い動画ですので お時間のあるときにゆっくりと ご覧ください! それではどうぞ!

クリス・ポール ダンク

クリス・ポールがウィザーズ戦で珍しくダンクを2本も!

ロサンゼルス・クリッパーズのクリス・ポールが ダンクをぶち込むというシーンは極めてまれですよね。 実際、ポールの身長は6フィート(183㎝)ですが 6フィートのプレイヤーがそうそうダンクをするシーンは 多く目にしません。 しかし現地12月28日のワシントン・ウィザーズ戦で クリス・ポールが珍しいダンクシーンを演出してくれました...

ラッセル・ウェストブルック トリプルダブル

ウェストブルックとマルチン・ゴルタットが第9週のNBA週間MVP!

NBA2015-16シーズン、第9週の 『プレイヤーズ・オブ・ザ・ウィーク』が 発表されました。 イースタンカンファレンスからは ワシントン・ウィザーズのセンター マルチン・ゴルタットが選出。 ウェスタンカンファレンスからは オクラホマシティー・サンダーのポイントガード ラッセル・ウェストブルックが選出されました。 この1週間...

デュラント キャリアハイ 54点

デュラントのキャリアハイ54得点ゲーム!カリーと合わせて91点!

今回は過去の試合からオクラホマシティー・サンダーの ケビン・デュラントがMVPを獲得した2013-14シーズンから 彼のキャリアハイ54得点を記録した2014年1月17日のウォーリアーズ戦を 振り返りたいと思います。 デュラントとカリーの合計得点が91得点という試合ですね。 それでは2人のハイライトシーンやスタッツなどの 詳細...

ザック・ホッドスキンズ 片腕 バスケ アメリカ

片手のバスケ選手ザック・ホッドスキンズがカレッジ初得点!

アメリカの片腕がないバスケットボールプレイヤー ザック・ホッドスキンズをご存知でしょうか? 彼は現在、フロリダ大学バスケットボールチーム 『フロリダ・ゲーターズ』に所属している 大学2年生のバスケットボール選手です。 2014-15シーズン、1年生だったホッドスキンズは 1試合平均2分弱の出場時間、2度FGアテンプトがありまし...

2016 NBA オールスター

NBAオールスター2016の投票中間発表【1回目】でコービーが1位!

2016年NBAオールスターゲームの舞台はカナダ・トロント。 ラプターズのホームであるエア・カナダ・センターで2月14日に行われます。 長いNBAの歴史を振り返ってみても、かつてアメリカ国外で 行われたオールスターウィークエンドは皆無でした。 NBA史上初となるアメリカ国外でのオールスターゲームの ファン投票の第1回中間発表が...

NBA クリスマス

NBAのクリスマスベストパフォーマンスを動画でチェック!

今回はNBAヒストリーの中から過去のクリスマスデイに 選手たちが見せてくれたベストパフォーマンスの数々を 動画でチェックしておきましょう。 各試合について簡単な紹介と試合のハイライト動画が 存在するものに関しては動画を下に置いておきますね! それでは早速動画をご覧ください! まず1つ目は1984年にニックスのバーナード・キング...

ステフィン・カリー

ステフィンカリー『僕は世界一の選手』目標はジョーダン超える事?

10月末にNBA2015-16シーズンが開幕し 2015年12月24日現在、ウォーリアーズは 未だ1敗(26勝)しかしていません。 もちろんその大きな原動力となっているのは 現在、得点王のステフィン・カリーでしょう。 カリーの残している1試合平均スタッツは 31.8得点(FG:52%、3P:45.3%)、6.2アシスト、5.4...

Return Top