NBA stars -NBAファンサイト-

アーカイブ : ニュース

ウォーリアーズ 70勝

ウォーリアーズがスパーズを破り史上2チーム目の70勝に到達!

本日行われたサンアントニオ・スパーズと ゴールデンステイト・ウォーリアーズの1戦は ウォーリアーズが112-101で勝利しました。 これでウォーリアーズはNBA史上2チーム目となる シーズン70勝に到達しました! それでは早速、この試合のハイライト動画をチェックしましょう。

ラッセル・ウェストブルック マジック・ジョンソン トリプルダブル

ウェストブルックがマジック・ジョンソンの記録に並ぶ!

ラッセル・ウェストブルックは今季のMVPではないかもしれません。 しかしウェストブルックは我々が ここ20年以上の間、NBAで見たことがないような 素晴らしいパフォーマンスをみせています。 ウェストブルックは現地4月5日に行われた サンダー vs ナゲッツの一戦で 13得点、14リバウンド、12アシストの トリプルダブルを記録...

ネイト・ロビンソン

ネイト・ロビンソンがNBAを引退しNFL(アメフト)に挑戦!

身長173㎝、81㎏と小柄な身体ながら 3度もスラムダンクコンテスト王者となった ネイト・ロビンソン。 彼の身体能力の高さはNBA選手の中でも 突出しており非常に印象的です。 11年のNBAキャリアを持ち 31歳となるロビンソンですが バスケ選手としてのキャリアは 尻すぼみになってしまっています。 そこでロビンソンは活躍の場を...

マイケル・ビーズリー ロケッツ

ロケッツが補強のためマイケル・ビーズリーと2年契約!

昨シーズン、56勝26敗の好成績でウェスタンカンファレンス2位だった ヒューストン・ロケッツですが、今シーズンはなんとプレイオフ進出ぎりぎりの8位。 勝率も5割を切って29勝31敗と負け越しています。 先日、オフシーズンに獲得したポイントガードのタイ・ローソンと シューティングガードのマーカス・ソーントンをバイアウト。 結果、...

アーロン・ゴードン

アーロン・ゴードン驚異の身体能力!オリンピック陸上で銅メダル?

今年のスラムダンクコンテストは見ごたえありましたよね! ザック・ラビーン vs アーロン・ゴードンの対決は 本当に信じられない身体能力の高さを見せつけてくれました。 1988年のドミニク・ウィルキンスvsマイケル・ジョーダンの スラムダンクコンテストの時以来の名勝負だったと思います。 NBAも比較動画を公開したくらいですからね...

ブランドン・ジェニングス トビアス・ハリス イルヤソバ

ジェニングス&イルヤソバとトバイアス・ハリスがトレード!

トレードのデッドラインを2日後に控え、各チームに動きが出てきました。 ESPNによるとデトロイト・ピストンズとオーランド・マジックは 現地2月16日にトレードを成立させたようです。 トレードは 【ピストンズ】⇒【マジック】 エルサン・イルヤソバ ブランドン・ジェニングス 【マジック】⇒【ピストンズ】 トバイアス・ハリス といっ...

ホワイトサイド ハワード トレード

ロケッツとヒートがハワードとホワイトサイドのトレードを模索?

オールスターも終わってシーズンは後半戦へと突入します。 トレードデッドラインが2月18日となっており それまでに様々な動きが予想されています。 関連記事はコチラ↓ キャバリアーズが優勝する為に獲得する可能性のある選手とは? NBA有数のビッグマンの2人 ドワイト・ハワード【ヒューストン・ロケッツ】 ハッサン・ホワイトサイド【マ...

キャブス マクレモア アリーザ ジョンソン

キャバリアーズが優勝する為に獲得する可能性のある選手とは?

トレードのデッドラインが来週の 木曜日(現地2月18日)に迫っています。 昨シーズン、ファイナルでウォーリアーズに 敗れたキャバリアーズは今季、是が非でも チャンピオンシップを獲得したいと思っているでしょう。 特に昨季のプレイオフに入ってから チームの中心選手の怪我が続いたキャブスにとって 戦力となる選手の獲得は重要課題である...

アイザイア・トーマス ラマーカス・オルドリッジ

アイザイア・トーマスとオルドリッジが第15週の週間MVP!

NBA2015-16シーズンの第15週のプレイヤーズ・オブ・ザ・ウィークが発表されました。 今回選出されたのは ・イースタンカンファレンスからボストン・セルティックスのポイントガード、アイザイア・トーマス ・ウェスタンカンファレンスからはサンアントニオ・スパーズのフォワード、ラマーカス・オルドリッジ 上記2選手でした。 それぞ...

ハック・ア・シャック

ハック・ア・シャック戦略に対してルール変更?レブロンの意見は?

ここ数シーズンでハック・ア・シャック戦略をとるチームが増えてきたように感じませんか? 関連記事はコチラ↓ デアンドレ・ジョーダンがフリースローでチェンバレンに並ぶNBA記録 デュラントがデアンドレ・ジョーダンのフリースローにキツイ一言! ファンも入らないフリースローを見たいわけではありませんし プレイヤーたちもこの戦略によって...

Return Top