NBA stars -NBAファンサイト-

レブロンのパワーは凄い!ディフェンダーはハエ?NFLスター級?

レブロンのパワーは凄い!ディフェンダーはハエ?NFLスター級?

スポンサードリンク

イースタンカンファレンス首位のキャバリアーズ。

カイリー・アービングイマン・シャンパート
復帰も目前と言われていますね!

クリスマスには2016年ファイナルで顔を合わせる可能性の高い
ウォーリアーズとの試合も控えています。

レブロン・ジェームズは自身の長いプレイングタイムについて
不満を漏らすことはないようですが、11日のマジック戦では
十分に休養を取れたようですね。

関連記事はコチラ↓
レブロン『俺は30分の男じゃない』自身の出場時間にコメント!

オーランド・マジックのホーム、アムウェイ・センターで行われた
キャバリアーズvsマジックの一戦は
111-76の35点差という大差でキャブスが勝利しました。

レブロンは25得点、8アシストを記録したのですが
この試合中、面白いシーンがあったので紹介したいと思います。


スポンサードリンク

レブロンのパワーがエグイ!ディフェンダーはハエみたいなもん?

エルフレッド・ペイトンが思いっきりファウルにいってますが
ものともせずにレイアップを決めファウルをもらいました。

さらにレイアップを決めた後に、まるで肩に止まったハエでも
払うかのようなゼスチャー!

やはりレブロンのパワーはエグイですね。

レブロンのトレーニング動画&モノマネ動画をチェック!

下の動画はレブロンのトレーニングシーンを撮影したものですが
明らかにトレーナーのお手本よりもプレートを跳ね上げています。(笑)

まあ身長が高いのでバーの角度が直角に近くなるから
負荷が下がっているのもあるのでしょうけど…。

いずれにせよ、規格外のパワーですね!

そしてレブロンの強烈なパワーを皮肉ったこんな動画も…

確かにレブロンのドライブってこんな感じかもしれませんね!(笑)

レブロンはアメフトでも十分に通用しそうですよね。

レブロン・ジェームズのパワー&スピードはNFLでも通用するのか?

ちなみに過去に現地メディアが

『レブロンはNFLスターになれるのか?』

というタイトルでNFLデトロイト・ライオンズの
スターワイドレシーバー、カルビン・ジョンソンとの
比較を検証した記事があります。

NFL カルビン・ジョンソン

簡単に抜粋してみましょう。

サイズ
レブロン・ジェームズ:203㎝、113kg
カルビン・ジョンソン:196㎝、108㎏

サイズに関してはレブロンが少し優位。

スピード
40ヤード走/100m走
レブロン・ジェームズ:4.92秒/11.58秒
カルビン・ジョンソン:4.33秒/10.23秒
ウサイン・ボルト:4.05秒/9.58秒

NFLのワイドレシーバーやタイトエンドでプレイするには
スペースを創りだす必要があります。

カルビン・ジョンソンですらNFLで最も速いプレイヤーではありません

レブロンのスピードはNFLでは『選ばれし者』ではないようです。

レブロン・ジェームズ 選ばれし者

垂直飛び(助走なし)
レブロン・ジェームズ:44インチ(111.8㎝)
カルビン・ジョンソン:48インチ(121.9㎝)

平均的にNBA選手はNFL選手よりも高く飛ぶことができます。

ただNFLでもワイドレシーバーやディフェンシブバックの選手の中には
レブロンよりも高く飛ぶことができるプレイヤーが存在します。

ここでもレブロンの優位性はありません。

ストレングス【ベンチプレス225パウンド(102kg)】
レブロン・ジェームズ:15回
カルビン・ジョンソン:22回

NFLで生き残るには身体的に強くなければなりません。
贅肉がなく引き締まっている必要はなく、バルクが必要です。

これはNBA選手とNFL選手の見た目ですぐにわかりますよね。

レブロンやドワイト・ハワードなんかは強そうに見えますが
現実的にNFL選手と同等の筋量はないそうですよ。

とはいえ、レブロンが本気でNFLでプレイしようと
トレーニングすれば十分プレイできるような気がしますけどね~。


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top