NBA stars -NBAファンサイト-

アレン・アイバーソンのMVPシーズンを3つの動画で振り返る

アレン・アイバーソンのMVPシーズンを3つの動画で振り返る

スポンサードリンク

ステフィン・カリー満場一致で2年連続の
シーズンMVPを獲得しました。

文句なしの受賞ですよね。

今からさかのぼること、15年前、
シクサーズのアレン・アイバーソン
自身初のシーズンMVPに輝きました。

アイバーソンは124票の1位票のうち
93票を集め、ティム・ダンカン
シャキール・オニールクリス・ウェバー
ケビン・ガーネットなどを上回りMVPを獲得。

同時にアイバーソンは史上最も背が低く
体重が軽いMVP
になったわけです。

今回はアイバーソンのMVPシーズンである
2000-01シーズンの記憶に残る3つのシーン
振り返りたいと思います。


スポンサードリンク

アレン・アイバーソンのMVPシーズン

アイバーソンは得点(31.1得点)と
スティール(2.5スティール)の2部門で
リーグトップの成績を残しました。

得点の取り方は全く異なりますが
スタッツ的にはカリーに似た感じ
ですね。

アイバーソンの活躍でシクサーズは
1983年以来のファイナル進出も果たしました。

それではアイバーソンのMVPシーズンで
記憶に残る3つのシーンを動画で
振り返りましょう!

アイバーソンがキャブス戦で54得点:2001年1月6日

1983-84シーズン以降、わずか14選手しか
達成したことのない記録である
『54得点以上を記録し、少なくともFGの2/3を決める』
という怒涛のパフォーマンスを見せたのが
2001年1月6日に行われたキャブス戦です。

アイバーソンは44分間の出場時間で54得点を記録。

フィールドゴールは30本打って20本を決め
3ポイントは7本中4本を成功というパフォーマンス。

3リバウンド、3アシスト、3スティールという
キリの良い数字もプラスし、シクサーズを
107-103の勝利に導きました。

それではその試合のハイライトを
動画でチェックしましょう。

オールスターゲームでのパフォーマンス

リーグのトップ選手たちがワシントンに集まった
オールスターゲームでもアイバーソンの輝きは
くすむことはありませんでした。

オールスター史上、最もコンペティティブだった試合は
ラスト9分間でイーストが21点差を巻き返し
111-110の1点差で勝利

アイバーソンはこの試合で記録した25得点中
15得点を第4クオーターで記録
し、イーストの
勝利に大きく貢献しました。

この活躍によりアイバーソンはオールスターMVPに選出されました。

ファイナルでタイロン・ルーをまたぐシーン

最後はこれしかないでしょう!

現キャバリアーズのヘッドコーチであるタイロン・ルー

2001年のファイナル、ゲーム1の終盤で
アイバーソンはルーにタイトにマークされながらも
クロスオーバーからのステップバックジャンパー
決勝点となるショットを決めました。

直後にアイバーソンが見せたこのシーンは
超有名ですよね!

ちなみにレイカーズがプレイオフで負けたのはこの試合のみ

関連記事はコチラ↓
アイバーソン世紀の番狂わせ!2001年NBAファイナル第1戦を振り返る!

アイバーソンが2001年プレイオフで
記録したアベレージスタッツは
46.2分の出場時間、32.9得点、6.1アシスト
という規格外のものでした。

以上、アイバーソンのMVPシーズンで
記憶に残るシーンでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top