NBA stars -NBAファンサイト-

アイバーソンのルーキーイヤー!ジョーダン&ピッペン相手に44得点!

アイバーソンのルーキーイヤー!ジョーダン&ピッペン相手に44得点!

スポンサードリンク

アレン・アイバーソンが最後にNBAでプレイしたのが2009-10シーズン

その後、NBAでプレイすることなく(トルコリーグでプレイしましたが)
2013年10月30日にプロバスケットボール選手としてのキャリアを終えました。

アイバーソンのNBA最後の試合からもう6年ほど経ちますが
彼の現役時代のプレイは今見ても輝いていますよね。

今回はアイバーソンがルーキーイヤー
マイケル・ジョーダン
スコッティー・ピッペン
デニス・ロッドマン
のビッグ3が在籍した当時のリーグナンバーワンチーム、シカゴ・ブルズ相手に見せた
素晴らしいパフォーマンスを動画で紹介したいと思います。


スポンサードリンク

アレンアイバーソンのルーキーイヤー!最強ブルズ相手みせたパフォーマンス!

ブルズは1995-96シーズンにNBA記録となる72勝10敗という前人未到の金字塔を打ち立てました。

そして大きなメンバーの入れ替わりもなく迎えた1996-97シーズン。

このシーズンもブルズは69勝13敗という素晴らしい成績で
レギュラーシーズンを終えました。

まさにブルズ王朝絶頂期と言えるでしょうね。

そんなブルズ相手に身長180㎝にも満たないルーキーが見せた
驚異のパフォーマンスをチェックしましょう!

アレン・アイバーソン ルーキー

アレン・アイバーソンが最強ブルズ相手に37得点!

1997年3月12日にシクサーズのホームで行われたブルズ戦。

この日、アイバーソンはファウルトラブルに陥り
36分間のみのプレイでファウルアウトしてしました。

しかしアイバーソンは36分のプレイタイムで
37得点(23本中15本のFG成功)、4アシストを記録しました。

3ポイントシュートも8本中5本決めていますね。

それではこの試合のハイライトシーンを動画でチェックしましょう。

動画の4分12秒~のシーンはアイバーソンのハイライトシーンで
良く使われているジョーダンとの1オン1ですね。

アイバーソンはこの時のことを

『何がクレイジーだったかって、俺は最高のムーブをしたんだ。
 でもマイケルにほとんどブロックされそうになったことだよ!』

ジョーダンのディフェンスの凄さについて語っていますね。

ちなみにピッペンは31得点、6リバウンド、8アシスト
ジョーダンは23得点、ロッドマンは17リバウンドを記録し
試合は108-104でブルズが勝利しました。

アレン・アイバーソンがジョーダン&ピッペン相手に44得点!

続いて1997年4月7日、ブルズのホームで行われた試合。

アイバーソンは48分間フル出場

残したスタッツは44得点(32本中16本のFG成功、14本中6本の3P成功)、8アシスト、2スティール

それではこの試合のハイライトシーンを動画でチェックしましょう。

ジョーダンは30得点、8リバウンド、3スティール
ピッペンは28得点、7リバウンド、5アシスト
ロッドマンは欠場。

試合は128-102でブルズが完勝。

ブルズはこの時点で66勝10敗。

(一方、シクサーズは21勝53敗)

この試合からアイバーソンの5試合連続での
40得点以上
という記録がスタートしました。

この5試合のアイバーソンのアベレージは
43.6得点、7.4アシストというえげつない数字でしたね。

以上、ルーキー時代のアレン・アイバーソンが
ブルズ相手の見せた驚異的なパフォーマンスについてでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top