NBA stars -NBAファンサイト-

アイバーソン世紀の番狂わせ!2001年NBAファイナル第1戦を振り返る!

アイバーソン世紀の番狂わせ!2001年NBAファイナル第1戦を振り返る!

スポンサードリンク

14年前の今日はアレン・アイバーソン
世紀の番狂わせを演じた日です。

2001年NBAプレイオフ。

シャックコービー最強デュオを抱える
LAレイカーズが圧倒的な強さを発揮したシーズン。

プレイオフに入ってもレイカーズは
ファーストラウンドでブレイザーズをスウィープ

セカンドラウンドでもキングスをスウィープ

さらにカンファレンスファイナルではスパーズをスウィープ

無敗でNBAファイナルまで勝ち上がってきました。

レイカーズ圧倒的有利と言われた2001年NBAファイナルで
アレン・アイバーソンが見せた爆発力を振り返りましょう。

アレン・アイバーソンの関連記事はコチラ↓
アレンアイバーソン『カリーとアービングのハンドリングは俺以上』
アレンアイバーソン【AI】の身体能力が凄い!伝説や名言の紹介!


スポンサードリンク

アイバーソン世紀の番狂わせ!2001年NBAファイナル第1戦を振り返る!

2000-2001シーズン、アイバーソン平均31.1得点
2度目の得点王に返り咲き、さらにはスティール王も獲得。

オールスターMVPシーズンMVPにも選ばれるなど
まさに最高のシーズンを送っていました。

アレン・アイバーソン MVP

しかしプレイオフでは無敗でファイナルまで勝ち上がってきた
レイカーズとは対照的にシクサーズは苦しみながら勝ち上がってきました

ファーストラウンド:3勝1敗でペイサーズに勝利。
セカンドラウンド:4勝3敗でラプターズに勝利。
カンファレンスファイナル:4勝3敗でバックスに勝利。

ラプターズ戦では第2戦、第5戦と50得点以上をマーク
さらに第7戦でも出血を隠して出場し44得点を挙げました。

アレン・アイバーソン 2001年 プレイオフ

それではここでアイバーソンが52得点を挙げた
2001年プレイオフ、ラプターズとの第5戦を動画でチェックしましょう。

まさにギリギリとところで踏んばって
ファイナルまでたどり着いたという感じでした。

当時の世論はレイカーズがシクサーズを
スウィープするだろうという意見が多数を占めていました。

そして迎えたNBAファイナル第1戦。

アイバーソンが爆発します。

それでは試合のハイライトを動画でチェックしましょう!

試合はオーバータイムにもつれ込む接戦。

最後に決めたのはやはりアイバーソン

マッチアップしてきたタイロン・ルー
得意のクロスオーバーからのステップバックで振り切り
プルアップジャンパー
を決めました。

ショットを決めた後、アイバーソンがこれ見よがしに
タイロン・ルーをまたいでいくシーンは
ハイライトでも良く使われますよね。

シクサーズがレイカーズから挙げた勝利はこの1勝だけでしたが
レイカーズのプレイオフ全勝記録をストップさせた
アイバーソンの意地をみた試合でした。

本当にしびれる試合でしたね!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top