NBA stars -NBAファンサイト-

ジョン・ストックトン【ジャズ】は汚いPG?実はダンクもできた!

ジョン・ストックトン【ジャズ】は汚いPG?実はダンクもできた!

スポンサードリンク

こんにちは!

管理人の『のんすけ』です!

先日、ゲイリー・ペイトンについて書きましたが、その記事の最後に登場した
『ペイトンが選んだ最もタフ相手』として名前の挙がった
ジョン・ストックトンにスポットライトを当てて行きたいと思います。

それではゆっくりとご覧ください!


スポンサードリンク

ジョン・ストックトンはNBAの鉄人ポイントガード

フルネーム:John Houston Stockton
生年月日:1962年3月26日
出身地:ワシントン州スポケーン
身長:185cm
体重:80kg
ポジション:PG
背番号:12(ユタ・ジャズ永久欠番)
ドラフト:1984年 全体1巡目16位(ユタ・ジャズ)
ジョン・ストックトン プロフィール PG

今となっては殿堂入りも果たし、キャリア通算アシスト数スティール数
NBA歴代1位の記録を持つ素晴らしいPGという評価を受けているストックトンですが
リーグ入り当初、ストックトンは自身を過小評価していたようです。

1984年にNBAドラフトでユタ・ジャズから指名を受けた
ジョン・ストックトンですが当時は全くの無名プレイヤー

『ゴンザガ大のストックトン?誰?』みたいな感じだったそうです。(笑)
ジョン・ストックトン ドラフト ジャズ
指名を受けた時ストックトンはこう考えていました。

ジャズもすぐに僕の力量を見破り、
ドラフトで指名したことを間違いだったと気づくだろう。
1年でクビになるに違いない…。

そう思ったストックトンは契約金と給料全てを貯金
ベッドルームが一部屋しかない家を借り、そこにはテレビもなかったそうです。

そんなストックトンが頭角を現してきたのが
ジャズに入団して4シーズン目となる1987–88シーズン。

この年に1試合平均13.8アシストを記録しアシスト王を獲得、
以降、1995–96シーズンまで9年連続でアシスト王に輝いています。
ジョン・ストックトン アシスト
1989-90シーズンの1試合平均14.5アシストは、現在でもNBA歴代最高の記録です。

それではストックトンのプレイを見てみましょう。
 

ストックトンは特別運動能力が高かったわけではありませんが
視野が非常に広く、コート全体の状況を把握する能力が極めて高かったと思います。

とにかく判断力が凄い、プレイ一つ一つの選択が正確無比、そんな印象です。

自身がフリーでパスを貰ったら確実にジャンパーを決める能力を持ち
3Pシュートの確率もリーグ入り最初の3年を除けば、平均40%以上の正確さです。

ペネトレイトした際はディフェンスがきっちりついて来れば
フリーの味方に正確なパスをさばき、ディフェンスがパスフェイクに引っかかると
そのままレイアップを決めるといった感じでしたね。

さらにストックトンとカール・マローンピック&ロールは息もぴったりで
ジャズの得点の多くをこのコンビでたたき出していましたね。

ストックトン マローン

またストックトンは非常に少なく、NBAで過ごした19シーズンのキャリアを通して
17シーズンは欠場なし、さらに609試合連続先発出場のNBA記録を持つ鉄人です。

ジョン・ストックトンもダンクができた?

私はゲーム中にダンクを叩き込むストックトンを見たことがありません。
(イメージすらできませんが…)

しかし、実はストックトンもダンクができるという事を知っていました?

カール・マローンいわく

ジョンもダンクができるんだよ。実際に練習で見せてくれたしね。
彼にとって必要性がないからしないだけなんだ。

ストックトン自身も
派手なダンクはジョーダンドレクスラーのようなプレイヤーがするプレイで
自分がするべきプレイじゃないとコメントしていました。

ちなみに練習でストックトンがダンクをした時に
チームメイトが驚いたという噂もあります。(笑)

ジョン・ストックトンの性格は?~実は汚いプレイヤーだった?

エリートビジネスマンのような顔立ちでオフコートでは温厚で寡黙な性格の為
コート上でもジェントルマンなイメージのあるストックトンですが
実は試合の最中は【ずる賢くダーティーなプレイヤー】だったそうです。
ジョン・ストックトン ダーティー PG
コート上でのストックトンは非常に気が強く闘争心に溢れていました。

審判の見えないところでジャージをつかむのは日常茶飯事。

さらには腕をつかんだり、足をかけたり、肘でどついたりとラフプレーも多く
ファウルされていないのにわざと倒れファウルを貰う事もよくありました。

その証拠に1997年にアメリカのスポーツ誌『スポーツイラストレイテッド』の
最も汚いプレイヤーランキング(選手間投票)で、ストックトンは
デニス・ロッドマンに次ぎ、第二位に選ばれています。

第一位のロッドマンですらストックトンを
NBAで最もダーティーなガードと評するほど…。
ストックトン ロドマン
関連記事はコチラ→デニス・ロッドマンは研究熱心?伝説や名言も!

NBAイチのトラッシュトーカー、ゲイリー・ペイトン

ストックトンはずる賢いプレイヤーで凄くダーティー
マイケル・ジョーダンよりマッチアップしにくかった

と言っていますね。
ストックトン ペイトン
関連記事はコチラ→ゲイリー・ペイトンはNBAイチのトラッシュトーカー!

次の動画でペイトンはいかにストックトンと
マッチアップするのがタフだったか熱弁しています。

ジャズは1997年、1998年と2年連続でファイナルに進出するも
残念ながらストックトンはチャンピオンリングを獲得することはできませんでした。

あと一歩のところまで登り詰めたのですが、時代が悪かったですね。
ストックトン ダーティー
本当にあと一歩だったんですが、マイケル・ジョーダンに跳ね返されてしまいました。

それでもストックトンのNBA随一の正統派ポイントガードと評価は変わることはないでしょう。

そう言えば、2年連続ジャズとファイナルを戦い抜いたブルズのスティーブ・カー
ストックトンの素晴らしさを認めつつ、『彼はダーティー・バスタード(汚い野郎)だ!』
ってコメントしていましたね。(笑)

以上、ジョン・ストックトンについてでした!(笑)

他のNBAレジェンドたちの記事もありますので下のリンクからどうぞ!
NBA レジェンド まとめ
NBAレジェンドプレイヤーまとめ記事はコチラ↓
NBA歴代のスーパースターたちのストーリーが面白い!

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top