NBA stars -NBAファンサイト-

ジョーダンvsオニール【MJ64得点&シャック29得点24リバウンド】

ジョーダンvsオニール【MJ64得点&シャック29得点24リバウンド】

スポンサードリンク

シャキールオニールのNBAデビューは1992年。

シーズンで言うとマイケルジョーダン率いる
シカゴ・ブルズが1回目のスリーピート
狙っていたシーズンですね。

鳴り物入りでNBA入りしたシャックが
初めてジョーダンと対戦したのが
1993年1月12日、オーランドでの
試合でした。

この試合でシャックが最初に放った
シュートをジョーダンがブロックする
という何か因縁めいた初顔合わせでした。

ちなみにその試合の動画がコチラ↓

初対戦での2人のスタッツは…

マイケル・ジョーダン
23得点、8リバウンド、4アシスト
3スティール、3アシスト

シャキール・オニール
19得点、11リバウンド、5アシスト

というものでした。

試合はブルズが122-106でマジックを破りました。

この4日後に舞台をシカゴに移して
ジョーダンとシャックが再び
顔を合わせました。


スポンサードリンク

ジョーダンとシャックが大暴れ

シャックは前回のリベンジとばかりに
この試合で29得点、24リバウンド、5ブロック
まさにモンスター級パフォーマンスを披露

一方のジョーダンも64得点、6リバウンド、
5スティール
とえげつない活躍をみせましたが
試合はマジックが128-124と前回の
リベンジを果たしました。

それではこの試合のハイライトを動画で
チェックしましょう。

ジョーダンは第1クオーターに22得点、
第2クオーターに8得点、
第3クオーターに11得点、
第4クオーターに16得点、
そしてオーバータイムに7得点
で合計64得点を記録したものの
満足いく試合ではなかったようです。

試合後にジョーダンは

『無駄なエネルギーを使った気分だよ。
 だって勝つべき試合を落としたんだから。』

『良いプレイもしたけど、僕たちはいくつかの
 悪いプレイをしてしまった。試合時間が
 残り1分以下で6点リードしていたのに
 同点に追いつかれてしまうっていうのは
 僕らが何か間違ったことをしたってことさ。』

『64得点したって試合に敗れてしまったら
 全く意味のないことだ。』

というコメントを残しました。

以上、ジョーダンとシャックが2度目の
対戦で見せたモンスターパフォーマンスでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top