NBA stars -NBAファンサイト-

ジョーダンとピッペンで84得点!ロッドマンも大暴れ!【1996年】

ジョーダンとピッペンで84得点!ロッドマンも大暴れ!【1996年】

スポンサードリンク

明けましておめでとうございます!

1996年にブルズが72勝10敗というNBA記録を打ち立ててから
もう20年が経つんですね~。

時の流れというのは早いものです…。

このシーズンのブルズはいくつものNBA記録を生み出しています。

まず先ほど触れたレギュラーシーズン72勝10敗

そしてロードで33勝8敗ホームで44連勝(前シーズン含め)
開幕からホームで37連勝ホームで39勝2敗などなど。
(ホーム最多勝利数の記録は1985-86のセルティックスが持つ40勝1敗)

という訳で2016年の1発目は1996年2月18日に行われた
ブルズvsペイサーズ戦を動画で振り返りましょう。

ブルズのビッグ3こと

マイケル・ジョーダン
スコッティー・ピッペン
デニス・ロッドマン

の3人が躍動した試合です。


スポンサードリンク

ジョーダンとピッペンで84得点!ロッドマンは23リバウンド!

まずはスタッツの紹介から参りましょう。

マイケル・ジョーダン
44得点(FG:16/29)、5リバウンド、7アシスト、3スティール、2ブロック

スコッティー・ピッペン
40得点(FG:14/26)、10リバウンド、2アシスト、5スティール

デニス・ロッドマン
5得点、23リバウンド7オフェンスリバウンド

3人ともエグイスタッツですよね…。

この試合はジョーダンが33歳の誕生日を迎えた翌日のゲーム。

ブルズのミッションは前人未到のシーズン70勝を達成すること。

この試合前の時点でブルズの成績は45勝5敗

ロード3連戦の最終戦となったペイサーズ戦でした。

前回のペイサーズとの対戦(前年の12月26日)では
ブルズが103-97で敗れ、チームの13連勝を止められています

もし前回の対戦でブルズが負けていなければ32勝中だっただけに
リベンジマッチとして注目された1戦ですね。

それでは試合を動画でチェックしましょう。

ブルズは110-102でペイサーズを破り、見事にリベンジマッチを制しました。

ちなみにチームメイト2人が40得点以上を同時に記録したのは
この試合でNBA史上9組目でした。

第3クオーターにブルズが獲った30得点のうち
ジョーダンとピッペンが26得点を記録し
第4クオーターではジョーダンとピッペンの
二人だけでブルズの全得点27点をマーク

この試合でジョーダンとピッペン以外の選手が最後に得点を挙げたのは
第3クオーター残り2分57秒にトニー・クーコッチが決めたジャンパーですね。

ピッペンは試合後のインタビューで次のように述べていました。

『俺たちはゾーンに入っていた。』

『マイケルは最高のスコアラーだし、デニスは最高のリバウンダーだ。
 俺たちはチームの支配力を見せることが出来たし、
 自分たちの試合をもう一段高いレベルに上げたんだ。』

ロン・ハーパー

『俺がプロバスケットボールチームとして見た中で最も偉大なチームだよ。』

『凄くいい試合だった。家に帰って真っ先にすることは試合のビデオを見ることだね!』

とコメントしていますね。

ジョーダンは

『今までに卓越した分野を持つ3人が一緒にプレイするなんて見たことないよ』

と自画自賛のコメントしました。

1996年1月1日時点でブルズの戦績は25勝3敗でした。

2016年1月1日時点でウォーリアーズは30勝2敗

まだ前半戦が終わっていない段階ですが
現時点ではブルズよりもハイペースで勝ち星を重ねている
ウォーリアーズの面々には新記録達成の可能性が
十分に見えていることでしょう。


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top