NBA stars -NBAファンサイト-

レイ・アレンのキャリアハイ54得点ゲームを動画で振り返る!

レイ・アレンのキャリアハイ54得点ゲームを動画で振り返る!

スポンサードリンク

レイ・アレンと言えばピュアシューター
3ポイントシュートのスペシャリストという
イメージがあると思います。

しかし若い頃のアレンは身体能力の非常に高いアスリートでした。

ダンクコンテストにも出るくらいでしたからね。

レイ・アレン キャリアハイライト動画

先日、2013年NBAファイナル第6戦で
ヒートを窮地から救ったレイ・アレンの
クラッチショットを振り返りました。

関連記事はコチラ↓
レイ・アレンのヒートを救ったクラッチショット!2013年ファイナル

今回はアレンが純粋なスコアラーとして活躍した
スーパーソニックス時代に記録した
キャリアハイ54得点を挙げた試合を
動画で振り返りたいと思います。


スポンサードリンク

レイ・アレン@ソニックス!キャリアハイ54得点動画

レイ・アレンが最も高い得点アベレージを残したのが
スーパーソニックス時代です。

2006-07シーズンには1試合平均26.4得点を記録しています。

それでは早速、アレンが2007年1月12日ユタ・ジャズ戦で
自身のキャリアハイ54得点を叩きだした試合を動画で見てみましょう。

パスをもらってからシュートを打つまでのスピードが
尋常じゃない速さですよね。

あれだけ走り回ってパスをもらって
3ポイントを決めるって凄すぎです。

ステフィン・カリーとは違うタイプのシューターで
どちらかというとレジー・ミラーに近いタイプでしょうか?

自分でシュートチャンスをメイクするのではなく
味方のスクリーンをうまく使ってディフェンダーとの
スペースを創るのが抜群にうまいですし
少々タイトにマークされていても
3ポイントを決めてしまいますもんね。

動画終盤のインタビューでは
『君はスクリーンを使ってもドリブルからでも
 わずかな隙間から相手とのスペースを作ってしまうよね?
 その秘訣は何?』

という質問に対し

『下半身を常に準備しておくことだよ!』

とアレンは答えています。

現役プレイヤーの方は参考にされてみては?

以上、レイ・アレンのキャリアハイ54得点ゲームを振り返る!でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top