NBA stars -NBAファンサイト-

レイ・アレンのヒートを救ったクラッチショット!2013年ファイナル

レイ・アレンのヒートを救ったクラッチショット!2013年ファイナル

スポンサードリンク

ミルウォーキー・バックス
シアトル・スーパーソニックス
ボストン・セルティックス

上記3チームでルーキーの頃から中心選手としてプレイしてきたレイ・アレン
マイアミ・ヒートに移籍してからはシックスマンとしての役割を
受け入れチームの優勝に大きく貢献したことは記憶に新しいことと思います。

バックス時代の平均得点は19.6得点
スーパーソニックス時代は24.6得点
セルティックス時代は16.5得点

とチーム状況によってきっちりと自分の役割を理解し
セルフィッシュなプレイをしないあたり、まさにプロですよね。

今回はそんなレイ・アレンが2013年NBAファイナル・第6戦で
ヒートを窮地から救ったクラッチショットを振り返りたいと思います。


スポンサードリンク

レイ・アレンなしではヒートの2連覇はなかった?ビッグショットを振り返る

2013年のプレイオフ、ヒートはカンファレンス・ファイナルで
ペイサーズに苦しめられましたが、4勝3敗で何とかNBAファイナルへ進出。

関連記事はコチラ↓
レブロンvsポール・ジョージの神業パフォーマンス!2試合を紹介!

一方、スパーズは危なげなく勝ち上がり、カンファレンス・ファイナルでは
グリズリーズをスウィープしてファイナルへ進出しました。

サンアントニオ・スパーズ3勝
マイアミ・ヒート2勝

という状況で迎えたファイナル第6戦。

終盤になると優勢に試合を運び
ほとんどのファンはスパーズが優勝を
手にしたと思ったに違いありませんでした。

試合時間残り28.2秒で5点ビハインド

まさかここからヒートが…という感じでしたね。

まずは2013年NBAファイナル第6戦のミニムービー動画をチェックしましょう。

それでは続いてこの試合の第4クオーターハイライトを動画で見てみましょう。

僕はこのゲームを録画していて、試合を見る前に
結果を知ってしまっていたのですが

『ここからどうやって追いついたんや?』

とワクワクしながら見た記憶があります。

レイ・アレンのクラッチショットがなければ
スパーズの優勝が決まっていたわけですが
それまでの追い上げでヘッドバンドが外れた
レブロン・ジェームズが覚醒したかの如く
活躍しただした事も見逃せないポイントですよね。

関連記事はコチラ↓
レブロンがヘッドバンドを外した理由とは?ファンは困惑?

大事な試合でトリプルダブル、終盤に2点差に追い上げる
3ポイントを決めるなどレブロンのパフォーマンスも
素晴らしかったと思います。

この試合はここ十数年でのベストゲームの一つだと思いますよ。

以上、レイ・アレンのクラッチショット@2013NBAファイナル第6戦でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top