NBA stars -NBAファンサイト-

レジーミラー伝説のミラータイム!ジョーダンとの乱闘?

レジーミラー伝説のミラータイム!ジョーダンとの乱闘?

スポンサードリンク

レジー・ミラーと言えば、歴代NBAプレイヤーの中でも
屈指のピュアシューターではないでしょうか?

NBAプレイヤーの中では身体も細く、
ジャンプ力があるわけでもなく
決して身体能力的に恵まれていたわけではないミラーですが
そのシュートレンジの広さと
シュート力は凄まじい
ものがありました。

俺はリング欲しさの移籍なんてしない』と言い
ペイサーズ一筋でそのキャリアを終えたあたりも
カッコいいですよね!

今回はレジー・ミラーについて触れていきたいと思います。


スポンサードリンク

レジー・ミラーの姉は女ジョーダン?

まずは彼のプロフィールから紹介しましょう。

Reggie Miller Profile
本名:Reginald Wayne Miller
生年月日:1965年8月24日
出身地:カリフォルニア州リバーサイド
身長:201cm
体重:88.5kg
ポジション:SG
背番号:31(ペイサーズの永久欠番)
ドラフト:1987年IDAペイサーズより全体11位指名
レジー・ミラー 姉
ご存知だと思いますがレジー・ミラーにはシェリルというお姉さんがおり
彼女もバスケットボール選手でオリンピック金メダルまで獲得しています。

女ジョーダンなんて呼ばれていましたよね。
1995年にはバスケットボール殿堂入りも果たしているほどの選手でした。
レジー・ミラー 姉 凄い
幼少期、レジーとシェリルは賭けバスケ
稼いだというエピソードもありますね。(笑)

その賭けバスケの内容はこんな感じ。

賭金は10ドル。まずレジーが自信満々な2人に吹っかける。

コンビを組む姉・シェリルは弱そうな服装をして相手を油断させ
まずは相手に一気に5点先取させる。

そこから猛反撃し余裕で10ドルゲット

そのお金でマクドでハンバーガーを食べていたそうですよ。

さらにはこんなエピソードも。

レジーが高校生の時、30得点オーバーを記録し
喜んで両親に報告しましたが、同じ日にシェリルが105点取っていた為
両親はレジーの報告を聞いた時、喜んでいるふりをするのが大変だったとか…。(笑)

もはや女ウィルト・チェンバレンですよね…。

レジー・ミラーの伝説!ミラータイムとは?

レジー・ミラーといえば、アウェイでブーイングを浴びせられれば
浴びせられるほどその力を発揮し、数々の奇跡的な逆転劇を何度も演出しました。
レジー・ミラー 伝説
中でも特筆すべきはNYCニックス相手の2試合じゃないでしょうか?

まずは1994年のイースタン・カンファレンス決勝の第5戦.。

アウェイで宿敵ニックス相手に第4Qの12分間でなんと25得点
1試合合計39得点を挙げ、チームも93-86で勝利。

そして翌年、1995年イースタン・カンファレンス準決勝第1戦!
またもやアウェイで宿敵ニックス・・・

試合終了まで残り16.4秒で6点ビハインド
ミラーは3Pシュート2本、フリースロー2本で8得点して、
107-105で逆転勝利!
スティールから3Pラインまでドリブルで戻って
振り向きざま3Pシュートを決めるんですからえげつないです!
レジー・ミラー ニックス
これらとは別に1998年のイースタン・カンファレンス決勝での
マイケル・ジョーダン率いるCHIブルズ戦。
残り3秒で1点差でペイサーズが負けている状況。

そこでミラーはジョーダンのマークを振り切り、3Pシュートを決め逆転勝利
レジー・ミラー ミラータイム
これも劇的でしたよね。

というのも、CHIブルズが6回の優勝を果たしたプレイオフの中で
崖っぷちまで追い込まれたのはこの時のペイサーズと、1992年のNYCニックスだけなんです。

今見ても鳥肌の立つシーンですよね!

下の動画の1分18秒~が1995年イースタン・カンファレンス準決勝第1戦のシーン
さらに2分24秒~が1998年のイースタン・カンファレンス決勝のシーンですね。

ミラーのトラッシュトークにジョーダンが切れて大乱闘!

マイケル・ジョーダンやゲーリー・ペイトンも強烈なトラッシュトークで有名ですが
レジー・ミラーのそれもかなり強烈なものだったそうです。

レジー・ミラー スタークス
関連記事はコチラ→ミラーがトラッシュトークでスタークスを退場に!?

トラッシュトークとはNBAでは相手を挑発するような発言のことを指します。

例えばジョーダンはマグジー・ボーグスに
打ってみろよ、このくそチビ野郎!
とわざとシュートを打てるスペースを空けて言った事があるそうです。

プレイ中、常に相手プレイヤーにこういった言葉を
浴びせ続けるのがトラッシュトーカー

ミラーがジョーダンに浴びせたトラッシュトークの内容は不明ですが
噂では相当陰湿な言葉だったようで
とうとうジョーダンがブチ切れてミラーに殴り掛かっていきました。

そして双方テクニカルファウルをコールされ
ミラーは退場。ジョーダンは処分なし。

ちょっとおかしい判定でしたね。

しかしジョーダンが1度目の引退から復帰する際のトレーニング時には
ミラーがジョーダンドームに招待されいているので
プライベートでの仲が悪いという事はないかと思われます。
レジー・ミラー マイケル・ジョーダン
さて、いろいろ書いてまとまりがなくなってきましたが(笑)
とりあえずここら辺でいったん締めたいと思います。

またレジーについて書く予定ですのチェックしてくださいね!
関連記事はコチラ↓
レジー・ミラーのキャリアハイ57得点ゲームを振り返る!
他のNBAレジェンドたちの記事もありますので下のリンクからどうぞ!
NBA レジェンド まとめ
NBAレジェンドプレイヤーまとめ記事はコチラ↓
NBA歴代のスーパースターたちのストーリーが面白い!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top