NBA stars -NBAファンサイト-

レジー・ミラーのキャリアハイ57得点ゲームを振り返る!

レジー・ミラーのキャリアハイ57得点ゲームを振り返る!

スポンサードリンク

NBA史上最高のシューターの一人、レジー・ミラー

身体能力が高い訳でもなく、体型もミスター・フライドポテトなんて
言われるほどスリムでしたが、そのシュート力を活かして
得点を量産したプレイヤーでしたね。

シュートフォームもレイ・アレンステフィン・カリーのように
綺麗なフォームではなったですが、ミラーのシュートは
見事にリングに吸い込まれていきました。

関連記事はコチラ→ステフィン・カリーは史上最高のシューター?

今回はレジー・ミラーのキャリアハイポイントを記録したゲームを振り返ります。


スポンサードリンク

レジー・ミラーのキャリアハイ57得点はペイサーズの記録

ミラーがNBA入りを果たしてから5年目のシーズン

1992年11月28日、ペイサーズ対ホーネッツ戦。

最終スコアはペイサーズ134-ホーネッツ122とハイスコアゲームでした。

早速、試合を動画で見てみましょう。

個人的にデトレフ・シュレンプはソニックスのイメージが強いですが
そういえば、ペイサーズにいてましたよね。(笑)

ホーネッツには若き日のアロンゾ・モーニング
ラリー・ジョンソンがいますね。

この試合、ミラーはFG29本中16本を沈め、FTは23本中21本成功。

フリースローだけで21得点ですもんね!

結局、ミラーは57得点を記録しました。

この記録は未だにペイサーズのフランチャイズレコードとして残っています。

厳密に言えばABA時代にジョージ・マクギニスが58得点を記録していますが
ペイサーズがNBAに所属するようになってからはミラーの57得点がチームハイ。

また2005年にはジャーメイン・オニールが55得点を叩きだし、
ミラーの記録を塗り替えるかと思いきやベンチに下がった試合もありましたよね。

しかし多くのNBAファンがペイサーズといえば
パッとレジー・ミラーの顔が浮かぶのは間違いないと思います。

以上、レジー・ミラーのキャリアハイゲームを振り返るでした。

レジー・ミラーの関連記事はコチラ↓
伝説のミラータイム!MJも殴り掛かった口の悪さ!
レジーvsニックス!トラッシュトークでスタークスを退場に!?

他のNBAレジェンドたちの記事もありますので下のリンクからどうぞ!
NBA レジェンド まとめ
NBAレジェンドプレイヤーまとめ記事はコチラ↓
NBA歴代のスーパースターたちのストーリーが面白い!

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top