NBA stars -NBAファンサイト-

レジー・ミラー『全盛期の俺ならステフィン・カリーに負けないよ』

レジー・ミラー『全盛期の俺ならステフィン・カリーに負けないよ』

スポンサードリンク

レジー・ミラーと言えばNBA歴代第3位
3ポイントシュート成功数の記録を持つ
リーグのベストシューターの一人ですよね。

関連記事はコチラ↓
レジーミラー伝説のミラータイム!ジョーダンとの乱闘?
レジー・ミラーのキャリアハイ57得点ゲームを振り返る!

ミラーはステフィン・カリーの偉大さを十分に理解しながらも
カリーを歴代最高のシューターという称号を与えるには
まだまだ早いと考えているようです。

ミラーは現地メディアの『THE NEW YORKER』に
彼の全盛期ならカリーを打ち破ることが出来る
コメントしたそうです。

そんなはずはないと思うファン
そうかもしれないと思うファン

受け取り方は様々だと思いますが
ミラーのコメントをチェックして
彼が何を言いたいのかを見ていきましょう。


スポンサードリンク

レジー・ミラー『全盛期の俺ならステフィン・カリーに負けないよ』

それではミラーのコメントを抜粋して記載していきますね。

『本当に偉大なシューターの全員、例えば
 デール・エリスラリー・バード
 クレイグ・ホッジズクリス・マリンなど
 俺たちは自分が世界一のシューターだと信じている。』

『だから俺の全盛期であればステフ(カリー)に
 赤っ恥をかかすことができるよ
。もちろん
 俺のシュートフォームは彼ほどきれいじゃないけどね。
 全ては結果だよ。』

ミラーの残した3ポイントシュート成功数は2,560本

カリーがこの記録に並ぶのはまだまだ先の事です。

ただミラーの3ポイント成功率を見ると最高で42.9%
キャリアを通じた平均で39.5%

一方、カリーの記録している3P成功率は
昨シーズンまでのベストで45.5%
リーグ入りしてからの6シーズンの平均で44.0%
カリーの方がはるかに高いです。

さらに過去3シーズン、カリーが成功させた3Pシュートの数は
ミラー経験したことがないほどの数です。

ミラーが言いたいことは長い選手生活を考えた上の事でしょう。

ミラーはカリーが【歴代最高のシューターの一人】となることに
関して全く疑念を持っていないようです。

ただ、ミラーがプレイした時代、1980~90年代の選手は
カリーを負かすことが出来るという考えも持っているみたいですね。

『ステフはこれから多くの章を書いていかなくちゃならない。
 でも、今の段階で彼が歴代トップ5のシューターであることは間違いない。』

『彼がラリー・バードや彼のヘッドコーチであるスティーブ・カーよりも
 良いシューターだというのは難しい。
 だって彼らはずっと長い期間に渡り良いシューターであり続けたんだからね。』

『でもこの短い期間だけをみると、ステフは彼らと同じグループに入る。
 さらにステフは成長し続けているよね。
 もし彼が自身の持つ1シーズンの3P成功数の記録を再び塗る変えることができれば
 彼を歴代最高のシューターの一人と考えてもいいんじゃないかな。』

それではここで今シーズンのカリーのハイライトを
動画でチェックしましょう。

ミラーの示している点は理解できますし
時代を超えてスタッツだけで判断するのは馬鹿げています。

現役時代、信じられないようなパフォーマンスをみせた
ミラーの言葉身には重みがあります。

ただカリーの超人的な活躍は否定しがたいですよね。

シュートの本数、正確性、彼独自のプレイスタイル。

誰かのコピーではなく、オリジナルなプレイヤーという気がします。

カリーのもつ1シーズンの3P成功数は286本

今シーズン、23試合を消化し、カリーが成功させた3Pは119本

このペースでカリーがプレイし続ければシーズン終了時には
なんと426本の3ポイントシュートを成功させていることになります。

怪我さえなければ、考えられない記録が生まれる可能性がありますね!

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top