NBA stars -NBAファンサイト-

シャキールオニール伝説の試合!キャリアハイ61得点23リバウンド

シャキールオニール伝説の試合!キャリアハイ61得点23リバウンド

スポンサードリンク

シャキール・オニールと言えば、規格外のサイズ
高い身体能力をもつ最強のセンターですよね。

ユニークで豪快なキャラとジョークのセンスも持ち合わせ
ファンも多いプレイヤーでした。

現在はTNTのコメンテイターとしても活躍しています。

関連記事はコチラ↓
シャックの身体能力は最強?伝説のダンクでゴール破壊動画がスゴイ
シャック伝説を動画で振り返る!誕生~マジック時代のハイライト!
シャックと猫のコラボ動画が面白い!性格の分かるエピソードは?
NBAおもしろ珍プレー動画【シャクティン・ア・フール2104-15】

今回はそんなシャック1999-2000シーズンに記録した
キャリアハイ61得点の試合を動画で紹介したいと思います。


スポンサードリンク

シャキール・オニールのキャリアハイゲーム!【61得点&23リバウンド】

2000年3月6日、シャック28回目の誕生日に行われた
レイカーズvsクリッパーズのロサンゼルス対決。

この日、シャックは45分間のプレイタイムでキャリアハイとなる
61得点(FG成功率68.6%、FT成功率59.1%)、23リバウンドを記録し
自身の誕生日に花を添えました。

もちろん試合も123-103の大差でレイカーズが勝利。

それではこの試合のシャックハイライトシーンを動画で見てみましょう。

フリースローの下手さは変わらずって感じですが…。(笑)

それにしてもコービーが若いですね~!

ちなみにコービーはこの試合で
22得点、5アシストを記録しています。

1999-2000シーズン、シャックは
29.7得点(FG成功率:57.4%、FT成功率:52.4%)
得点王に輝きました。

リバウンドでも1試合平均13.6本を記録し
ディケンベ・ムトンボに次ぐ第2位

ブロックも平均3.03本アロンゾ・モーニング
ムトンボに次ぐ第3位

さらに自身初のシーズンMVPファイナルMVPにも選出されるなど
素晴らしいシーズンを送りましたね。

しかしFT成功率よりFG成功率が高いっていかにもシャックらしいですし
相手チームとすればハック・ア・シャックという戦略を取りたくなりますよね。

このシーズン、シャックはレギュラーシーズン、ポストシーズンともに
キャリアハイの得点アベレージを残しました。

まさにシャックの絶頂期と言えるでしょうね。

以上、シャキール・オニールのキャリアハイ61得点ゲームでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 1 )
  1. 平均16、4なんて間違いじゃね?

    • ご指摘ありがとうございます。

      POの数値だったようですね。
      訂正しておきます。

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top