NBA stars -NBAファンサイト-

キャリアトリプルダブル数【歴代トップ10】をチェック!

キャリアトリプルダブル数【歴代トップ10】をチェック!

スポンサードリンク

2015-16シーズンも終盤に入り続々と
プレイオフ進出を決めるチームが出てきました。

ウォーリアーズは1995-96にブルズが
打ち立てた記録72勝を超えるチャンスは
残されていますがホーム連勝記録がストップ。

一方、スパーズのホーム連勝記録は継続中

見どころの多いシーズンですよね。

個人的にもう一つ注目しているのが
サンダーのラッセル・ウェストブルック
1988-89シーズンにマジック・ジョンソンが
記録した17回のトリプルダブル数を超えるかどうか?という点です。

現在、ウェストブルックは17回のトリプルダブルを記録。

サンダーの残り試合は4試合

ウェストブルックの能力から言えば
記録更新は十分に可能性があると思います。

今回はトリプルダブル数
歴代トップ10の選手を
チェックしたいと思います。


スポンサードリンク

キャリアトリプルダブル数【歴代トップ10】をチェック!

いきなり番外になりますが、バスケの神様
マイケル・ジョーダンのキャリアトリプルダブル数は28回

これはギリギリランク外となる11位の記録です。

ジョーダンのキャリア平均スタッツは
30.1得点、6.2リバウンド、5.3アシスト

マイケル・ジョーダン トリプルダブル

キャリアを通して今季のカリーと同等の
得点アベレージを残しているというは
さすが神様としか言いようがないですよね。

それでは10位から順に見ていきましょう。

10位:グラント・ヒル【トリプルダブル29回】

グラント・ヒル トリプルダブル

ポスト・ジョーダンの筆頭だったグラント・ヒル

オールマイティなプレイヤーでした。

ヒルも怪我がなければもっと多くの
トリプルダブルを記録していたでしょうね。

ヒルのキャリア平均スタッツは
16.7得点、6.0リバウンド、4.1アシストでした。

9位:ジョン・ハブリチェック【トリプルダブル30回】

ジョン・ハブリチェック トリプルダブル
この年代の選手は詳しくありませんが
ビル・ラッセルと一緒にプレイしていた
選手だと思います。

NBA16シーズンをセルティックスで過ごし
その半分、8シーズンで優勝しているという
スゴイキャリアの持ち主です。

彼のキャリア平均スタッツは
20.8得点、6.3リバウンド、4.8アシストです。

8位:ラッセル・ウェストブルック【トリプルダブル37回】

ラッセル・ウェストブルック トリプルダブル
NBAキャリア8シーズン目のウェストブルックは
既に歴代トップ10入りを果たしています。

現時点でのウェストブルックの今季平均スタッツは
23.6得点、7.8リバウンド、10.4アシストです。

昨シーズンのスタッツが
28.1得点、7.3リバウンド、8.6アシストだったので
デュラントが帰ってきてから、スイッチを切り替えているのがよく分かります。

今後、どこまで順位を伸ばせるか楽しみですよね!

7位:ラファイエット・リーバー【トリプルダブル43回】

ラファイエット・リーバー トリプルダブル
191㎝のポイントガードながら
チームのリバウンドリーダーだった
こともあるリーバー。

ナゲッツ時代にはリーグのベストPGの一人と
評価されたこともありました。

キャリア平均スタッツは
13.9得点、6.0リバウンド、6.2アシスト

ナゲッツ時代は20得点、10リバウンド、8アシスト
近いアベレージを残したこともある選手です。

6位:レブロン・ジェームズ【トリプルダブル44回】

レブロン・ジェームズ トリプルダブル
2016年4月現在、31歳のレブロン・ジェームズ

チェンバレンの記録は抜けるかもしれませんが
キッドの107回はちょっと厳しいでしょうね。

ウェストブルックのようなペースで
トリプルダブルを連発すれば話は別ですが…

昨シーズンまでのキャリア平均スタッツは
27.2得点、7.2リバウンド、6.9アシスト

今季、ここまでのスタッツが
25.1得点、7.5リバウンド、6.7アシスト

優勝する事しか眼中にないレブロンにとって
個人スタッツはどうでもよいのかも知れませんね。

5位:ラリー・バード【トリプルダブル59回】

ラリー・バード トリプルダブル
史上最高のスモールフォワード
一人であるラリー・バード。

マジック・ジョンソンとNBAを盛り上げた立役者ですよね

非常に優秀なシューターで史上6人しかいない
50-40-90*を2度達成した選手
*FG成功率50%以上、3P成功率40%以上、FT成功率90%以上

バードのキャリア平均スタッツは
24.3得点、10.0リバウンド、6.3アシスト

4位:ウィルト・チェンバレン【トリプルダブル78回】

ウィルト・チェンバレン トリプルダブル
NBA史上、最もインサイドを支配したセンターでしょう。

一人で100点獲った試合は有名ですよね。

チェンバレンのプレイした時代は
ブロック数がスタッツの中に
含まれていません
でした。

もしブロックがスタッツに含まれていたら
もっと多くのトリプルダブルを記録していたことでしょう。

チェンバレンのキャリア平均スタッツは
30.1得点、22.9リバウンド(!)、4.4アシストです。

3位:ジェイソン・キッド【トリプルダブル107回】

ジェイソン・キッド トリプルダブル
ミスタートリプルダブルことジェイソン・キッド

歴代トップ10のトリプルダブル数を記録した
選手の中で最も得点アベレージの低い選手

キッドのキャリア平均スタッツは
12.6得点、6.3リバウンド、8.7アシスト

このリストの中ではもっとも純粋なパサーでしょう。

キャリア終盤にシュートスランプに陥った際も

『俺はこのリーグにスコアラーとして入ったんじゃないし
 スコアラーとして名を残せそうにもないよね。』

とコメントしたことは有名です。

2位:マジック・ジョンソン【トリプルダブル138回】

マジック・ジョンソン トリプルダブル
206㎝ながらポイントガードのポジションで
ショータイムを演出したマジックこと
アービン・ジョンソン

NBA史上唯一のルーキーイヤーに
ファイナルMVPを獲得した選手
でもあります。

マジックのキャリア平均スタッツは
19.5得点、7.2リバウンド、11.2アシスト

HIV感染がなければ、というかもう少し
HIVについての周囲の理解が進んでいれば
もう少し長くプレイできたはずなので
惜しいですよね。

1位:オスカー・ロバートソン【トリプルダブル181回】

オスカー・ロバートソン トリプルダブル
ビッグ・Oことオスカー・ロバートソン
史上唯一のシーズンを通してのアベレージが
トリプルダブルの数値に達した選手

またロバートソンはガードの選手として
唯一アベレージで10リバウンド以上を
記録した選手
でもあります。

1961-62シーズンの平均スタッツが
30.8得点、12.5リバウンド、11.4アシスト

キャリア平均スタッツが
25.7得点、9.5リバウンド、7.5アシスト

現在、オスカー・ロバートソンに最も近い選手が
ラッセル・ウェストブルックだと思います。

毎試合3本以上のリバウンドを
プラスする必要があるので
シーズンアベレージでトリプルダブル
という数値は難しいでしょうけど
彼ならできそうな気がするのは
僕だけでしょうか?(笑)

以上、キャリアトリプルダブル数【歴代トップ10】でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top