NBA stars -NBAファンサイト-

トレイシー・マクグレディ【ロケッツ時代】歴史的奇跡の逆転劇!

トレイシー・マクグレディ【ロケッツ時代】歴史的奇跡の逆転劇!

スポンサードリンク

トレイシー・マクグレディといえば身体能力が非常に高く
『何でも屋』と言えるほど
全てのプレイをこなすことができました。

また、ケビン・デュラントが憧れたプレイヤーでもあります。

今回はT-macことトレイシー・マクグレディ
ヒューストン・ロケッツ時代に起こした
歴史に残る奇跡の大逆転劇を紹介します。


スポンサードリンク

トレイシー・マクグレディのプロフィール

フルネーム:Tracy Lamar McGrady Jr.
ニックネーム:T-MAC
生年月日:1979年5月24日
出身地:フロリダ州バートウ
身長:203cm
体重:101kg
ポジション:SG/SF
背番号:1
ドラフト:1997年 1巡9位(トロント・ラプターズ)

偶然にも先日、紹介したラプターズの
デマー・デローザンと同じ順位で指名されています。(笑)
デマー・デローザン 身体能力 ダンク
関連記事はコチラ↓
デローザンの身体能力がヤバい!ワークアウトもチェック!

マクグレディは高校生時代、バスケと野球の二足のワラジを履いていました。

オーバーンデール高校で3年間を過ごした後、ノースカロライナ州の
マウント・ジオン・クリスチャン・アカデミー高校に転向。

マクグレディは高校時代から名の通ったバスケットボールプレイヤーで
USA today『高校生年間最優秀選手』にも選出されています。
トレイシー・マクグレディ 高校
そして高卒後すぐにNBA入りを果たします。

ラプターズでは従兄のビンス・カーターとのコンビで観客を魅了しましたが
カーターに次ぐ第二オプションのポジションを受け入れることができず
エースとしてのプレイを希望したマクグレディは2000年オフにマジックへ移籍。
トレイシー・マクグレディ 逆転
この移籍後、マクグレディの才能が一気に開花しました。

2002-03シーズン、2003-04シーズンと2年連続で得点王に輝きます。

  • 2002-03シーズン:1試合平均32.1得点
  • 2003-04シーズン:1試合平均28.0得点
  • トレイシー・マクグレディ プロフィール
    2003-04シーズン終了後にマクグレディはロケッツへ移籍します。

    しかしこの頃から持病の腰痛が慢性化してしまい
    マクグレディは本来のパフォーマンスを発揮できないように…。
    トレイシー・マクグレディ 怪我
    さらに2008年5月には左肩と左膝の内視鏡手術
    2009年2月に再び左膝の手術を受け、欠場も多くなっていきます。

    マクグレディ全盛期のトップ10プレイ

    バックボードを使ったワンマンアリウープ
    ゲーム中にするなんてえげつないですよね。(笑)

    2010年以降はチームを転々と渡り歩きます。

  • 2010年:ニューヨーク・ニックス
  • 2010~11年:デトロイト・ピストンズ
  • 2011~12年:アトランタ・ホークス
  • 2012~13年:青島イーグルス(中国CBA)
  • 2013年:サンアントニオ・スパーズ
  • マクグレディは怪我さえなければもっと長く
    NBAで輝き続けたプレイヤーだったでしょうね。

    マジック時代の背番号1を見ていると
    同じく怪我で絶頂期の短かった
    ペニー・ハーダウェイと重なりますよね。
    ペニー・ハーダウェイ NBAキャリア
    関連記事はコチラ→ペニーの現在は?中学校のコーチに!その過程とは?

    2013年8月16日、マクグレディはNBAからの引退を発表しました。

    引退後プロ野球選手に転向し投手としてプレイしたマクグレディ。
    トレイシー・マクグレディ 野球 投手
    関連記事はコチラ→T-MACがプロ野球投手に転向?スライダーが得意!

    トレイシー・マクグレディ 奇跡の大逆転劇!

    数々のスーパープレイでファンを魅了したマクグレディですが
    彼が起こした最大の奇跡は間違いなくこのゲーム。

    関連記事もあります↓
    ・Tマックの35秒で13得点の大逆転劇をモノマネ兄ちゃんが再現

    2004年12月9日に行われたサンアントニオ・スパーズ戦

    ロケッツは試合残り時間40秒で8ポイントビハインド

    敗戦がほぼ確実と言った状況でした。

    実際に多くファンがスタジアムを後にしていましたね。

    ここからマクグレディが怒涛のスーパープレイを連発します。

    まず、自分でボールを運び3Pを決めます。

    さらに次のプレイでも自分でボールを運び
    スクリーンを使ってディフェンスをかわし、ヘルプに来た
    ティム・ダンカンのファウルを誘いつつ3Pを決めます。

    もちろんフリースローも決め、4ポイントプレイ

    そして次はインバウンドパスをもらい
    ドリブルをついてから3Pを決めます。

    最後はスティールから一人でボールを運び
    そのまま3Pを放ち、決めてしまいました。
    トレイシー・マクグレディ 奇跡 逆転
    結局試合は81-80でロケッツの勝利

    35秒間で13得点を挙げるなんて考えられせんね!

    しかもスパーズ相手ですからなおさら驚きです。

    足早にスタジアムを去ったファンは
    この逆転劇を見逃して悔しくてたまらないでしょうね。(笑)

    以上、T-MACの奇跡の大逆転劇を紹介しました。

    他のNBAレジェンドたちの記事もありますので下のリンクからどうぞ!
    NBA レジェンド まとめ
    NBAレジェンドプレイヤーまとめ記事はコチラ↓
    NBA歴代のスーパースターたちのストーリーが面白い!

    最後までお読みいただきありがとうございました!


    スポンサードリンク
    URL :
    TRACKBACK URL :

    コメントお願いします!

    *
    DigiPress

    Return Top