NBA stars -NBAファンサイト-

カーメロ・アンソニーの超絶トラベリング!審判も見逃す神業?

カーメロ・アンソニーの超絶トラベリング!審判も見逃す神業?

スポンサードリンク

ご存知のようにトラベリングは
バスケットボールの基本的なバイオレーションです。

しかし大半のファンが経験してるように
毎シーズン、幾度となくNBA選手のトラベリングが
レフリーの目を逃れていますよね。

特にスーパースターと呼ばれる選手に対しては
その傾向が強いかと思います。

先日行われたマイアミ・ヒートvsニューヨーク・ニックス戦でも
間違いなくトラベリングだったシーンが見逃されました


スポンサードリンク

カーメロ・アンソニーの目にもとまらぬ神業トラベリング?

昨シーズン、イースタンカンファレンス最下位に沈んだ
ニックスですが、今季は8勝7敗とまずまずのペースで
開幕をスタートさせました。

これもクリスタプス・プアルズィンギス効果かもしれません。

関連記事はコチラ↓
クリスタプス・プアルズィンギス人気がスゴイ!ドリームシェイクも
クリスタプス・プアルズィンギスはラトビアのビッグマン!

とはいえ、ニックスのエースはやはりカーメロ・アンソニー

今シーズン、ここまでアンソニーのスタッツは
22.5得点、7.3リバウンド、3.3アシスト
得点が少し物足らない感じもしますが
チームナンバーワンの得点を記録しています。

そんなアンソニーですが今季のワーストトラベリング
言えるくらいのステップを披露してしまいました。

5歩は歩いてますな。(笑)

まあ、昨シーズン、ケンドリック・パーキンスが見せた
9歩トラベリングに比べればまだマシでしょうか?(笑)

ドウェイン・ウェイドの支配力がヤバい!審判にコールさせる?

さらに同じ試合でこんなシーンが…。

プアルズィンギスがファウルしたんでしょうけど
普通なら審判のコールがなければプレイを続けますよね?

ウェイドは立ち止まって審判を凝視。

審判もそこでファウルをコールしました。

個人的にウェイドは好きな選手ですけど
これはスポーツマンらしい行動とは言えず
いただけないですね。

イライラしていたのかもしれませんが
プロスポーツ選手は子供たちの
ロールモデルであるべきだと思います。

以上、アンソニーのトラベリング&ウェイドの支配力についてでした!

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top