NBA stars -NBAファンサイト-

クリス・ポールvsステフィン・カリー!トップPGの直接対決!

クリス・ポールvsステフィン・カリー!トップPGの直接対決!

スポンサードリンク

ウェスタンカンファレンスの強豪同士
ロサンゼルス・クリッパーズと
ゴールデンステイト・ウォーリアーズの
好カードが現地11月4日に行われました。

今シーズンのプレイオフでも顔を合わせる
可能性の高い両チームだけにしっかりと
勝っておきたい試合でしょうね。

今回はこの試合の中から
NBAのトップポイントガードである
クリス・ポールステフィン・カリー
ハイライトシーンを動画で紹介したいと思います。


スポンサードリンク

クリス・ポール対ステフィン・カリー!トップPGの直接対決!

クリス・ポールはまさに正統派PGといったプレイヤーで
キャリアを通しての1試合平均アシスト数が約10本

ハンドリングスキルも非常に高く、パスセンスも抜群、
得点が必要な時には自ら得点もできるスーパースターですよね。

一方、ステフィン・カリーはPGながらシューターといった感じの選手で
自らドリブルでシュートチャンスを作り出すことが出来る稀有なプレイヤー。

アシスト数こそポールに及ばないものの、1試合平均得点数では
キャリアを通して20.9得点と生粋のスコアラーと言える数字を残しています。

タイプの異なる2人のポイントガードの今シーズン初顔合わせの様子を
ハイライト動画でチェックしておきましょう。

試合は112-108でウォーリアーズが勝利。

二人のPGが記録したスタッツは
クリス・ポール:24得点、3リバウンド、9アシスト、3スティール
ステフィン・カリー:31得点、5リバウンド、4アシスト、1スティール

ポールが2ポイントショットを8本、3ポイント1本、FT5本で24得点に対して
カリーは2ポイントショットを1本、3ポイント7本、FT8本で31得点を挙げています。

決めたシュートの数はポールが15本中9本、カリーが17本中8本

確率で言えばポールの方がFG成功率が高いですが
やはり、3ポイントというのがいかに大きな武器であるかわかりますよね。

ちなみに3ポイントシュートに関しては
ポールが3本中1本成功、カリーは11本中7本成功

普通、11本打って7本も決まりますか??

これがカリーの凄さですよね。

今シーズン、カリーは自身の持っているレギュラーシーズンでの
3ポイントシュート成功数286本を更新する気がしてなりません。

以上、NBAトップPGのクリス・ポール対ステフィン・カリーでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top