NBA stars -NBAファンサイト-

ロッドマン『スティーブ·カーのコーチングはまだ称賛に値しない』

ロッドマン『スティーブ·カーのコーチングはまだ称賛に値しない』

スポンサードリンク

ゴールデンステイト・ウォリアーズは現在NBAのベストチームであることに間違いありません。
しかし元NBAのスター、デニス・ロッドマンはヘッドコーチ1年目のスティーブ・カーの功績を
評価するのはまだ早すぎると考えているようです。


スポンサードリンク

ロッドマン曰く『カーのコーチングはまだ称賛に値しない』

ウォリアーズは現在の13連勝を含む
勝率9割を維持しながらリーグ単独首位に立っています。

NBAで初めて指揮を執ったヘッドコーチが最初の20試合を18勝2敗
走り抜けたことは誰にとっても非常に印象的な出来事でしょう。

しかしスティーブ・カーのブルズ時代のチームメイトであるデニス・ロッドマン
カーがウォリアーズの記録に貢献したということに対しては少し懐疑的な意見を持っています。

ロッドマン カー
関連記事はコチラ↓
リバウンド王ロッドマンの伝説とは!?

ではロッドマンがカーのコーチングについて何と言っているか紹介しましょう。

カーはただベンチに座っていい時間を過ごしているだけさ。
もともと勝てるシステムがあった場所に入ってね。

現時点でロッドマンがカーの功績にさほど共感していないようですね。

ロッドマンのコメントの真意は?

このコメントでロッドマンが示唆しているのは
カーが強いチームを引き継いだけだ、という事でしょう。

実際にウォリアーズは前ヘッドコーチのマーク・ジャクソンの元、
2年連続でプレイオフに進出し、昨シーズンは51勝を挙げたチームです。

チームにはスプラッシュブラザーズと呼ばれる
NBAトップクラスのバックコート陣を形成する
ステフィン・カリークレイ・トンプソンを擁し
フォワードには成長株のドレイモンド・グリーンハリソン・バーンズがいます。

ベストPG ステフィン・カリー
関連記事はコチラ↓

  • ステフィン・カリーはNBAのベストPG?
  • 史上最高のシューターを目指して!ステフィン・カリーのワークアウトとは?
  • さらに6thマンにはアンドレ・イグドラという強力な布陣。

    ここにデイビッド・リーが帰ってきたらヤバいですよね。

    スティーブ・カー コーチ

    このようにロッドマンはカーを批判しているように見えますが
    二人の間に軋轢があるという訳ではないようです。

    ロッドマンはカーが好きだし、ナイスガイだと思っているようですよ。(笑)

    他のNBAレジェンドたちの記事もありますので下のリンクからどうぞ!
    NBA レジェンド まとめ
    NBAレジェンドプレイヤーまとめ記事はコチラ↓
    NBA歴代のスーパースターたちのストーリーが面白い!


    スポンサードリンク
    URL :
    TRACKBACK URL :

    コメントお願いします!

    *
    DigiPress

    Return Top