NBA stars -NBAファンサイト-

ロケッツとヒートがハワードとホワイトサイドのトレードを模索?

ロケッツとヒートがハワードとホワイトサイドのトレードを模索?

スポンサードリンク

オールスターも終わってシーズンは後半戦へと突入します。

トレードデッドラインが2月18日となっており
それまでに様々な動きが予想されています。

関連記事はコチラ↓
キャバリアーズが優勝する為に獲得する可能性のある選手とは?

NBA有数のビッグマンの2人
ドワイト・ハワード【ヒューストン・ロケッツ】
ハッサン・ホワイトサイド【マイアミ・ヒート】
のトレードが18日までに行われる可能性が出てきたようです。


スポンサードリンク

ニューヨーク・デイリーニュースによるとロケッツとヒートが
ドワイト・ハワードとハッサン・ホワイトサイドを含む
トレードの可能性を交渉しているとのことです。

このトレードでは単純にハワードとホワイトサイドのトレードとならないでしょう。

というのもホワイトサイドはミニマム契約で年俸が98万1,000ドル

対するハワードは2,230万ドル

ヒートがホワイトサイドを放出してハワードを獲得する場合
さらにプラスαを送らなくてはいけないでしょう。

ハワードはかつてほどの支配力を誇示できなくなってきた感がありますが
それでも今季44試合に出場し、1試合平均14.6得点、12.0リバウンド
ダブルダブルのアベレージを記録しています。

ちなみにハワードは今シーズン終了後にオプトアウト
マックス契約を狙っているとも言われていますね。

一方、ホワイトサイドはブロックでリーグトップに君臨(1試合平均3.9ブロック)していますが
ディフェンス面での評価は低く、実際にホワイトサイドがコート上にいない時の方が
ヒートは相手の得点を(1.6得点少なく)押さえている
というデータもあります。

とはいえ、ホワイトサイドはサイズも身体能力も高く、まだ26歳のプレイヤーで
今季12.2得点、11.0リバウンドとこちらもダブルダブルのアベレージを記録。

スタッツ的には双方見劣りしないですが、トレード成立なるか注目ですね!

以上、ハワードとホワイトサイドのトレードの噂についてでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top