NBA stars -NBAファンサイト-

ランス・スティーブンソン『本当はインディアナに残りたかった』

ランス・スティーブンソン『本当はインディアナに残りたかった』

スポンサードリンク

ランス・スティーブンソンの昨年の活躍は
目を見張るものがありましたよね!

ところが、この夏にはFAでCHAホーネッツへ移籍しました。

スティーブンソンは米メディアのインタビューに
俺はインディアナに残りたかったんだ…』とコメントしています。


スポンサードリンク

ランス・スティーブンソンはアンクルブレイカー!

2010年のNBAドラフト2巡目、全体40位
INDペイサーズに指名されたランス・スティーブンソン。

2巡目の指名とは思えないほど、めきめきと頭角を現し
2012-13シーズンにはスタメンに定着。

昨シーズンはビッグプレイも多く見せ、カンファレンス最多勝利に大きく貢献、
自身もリーグトップの5回のトリプルダブルを記録しています。

SGとしては3Pの成功率が少し低いのが気になりますが
手が非常に大きく、ボールハンドリングに長けています。

クイックネスもあり切り替えしが素早いのでNBAの中でも
トップアンクルブレイカーの一人だと思います。

気になる点としては

  • 少しボールを持ちすぎる傾向がある
  • 高校時代からトラブルメーカーとして有名
  • 昨シーズンのプレイオフ、MAIヒート戦でレブロンに息を吹きかけ、挑発するシーンもありました。
    ランス・スティーブンソン レブロン 挑発

    またウェイドにやたらと絡んでダブルテクニカルファウルで退場なんていう場面もありました。
    ウェイドは笑っていましたが(笑)

    2分40秒~が
    3分45秒~が退場になるシーン。

    しかしホーネッツのオーナーであるマイケル・ジョーダンはスティーブンソンを
    将来のフランチャイズの顔オールスタープレイヤーになるだろうと考えているようです。

    MJいわく

    彼のゲームを決定づけるショットを打つことをためらわない自信はチームにとってプラスになる。
    そういった自信は教えることはできないんだ。
    生まれながらに持っているか?持っていないか?それだけだ。
    スティーブンソンはスキルも爆発力もある。
    2年以内にオールスター入りするんじゃないかな?

    MJにこれだけ評価されているのだから期待したいですね!

    ランスはインディアナに残留したかった?

    スティーブンソンはFAとしてホーネッツと3年2700万ドル
    (現在のレートで約29億2千万円)の契約を結びました。

    スティーブンソンが移籍後、初めてインディアナと対戦した
    プレシーズンマッチ前のインタビュー内容を紹介しましょう。
    ランス・スティーブンソン 残留希望
    本当はインディアナにいたかった

    スティーブンソンはそうこぼしました。

    FAとチームが交渉できる初日にペイサーズは5年4400万ドルのオファーをしました。

    ただペイサーズは早く契約を結びたかったようで期限を設けたようです。

    『俺はペイサーズに残りたかった。でも彼らはデッドラインを設けたんだ。
    俺は素早く決断しなければならなかった。そして俺と代理人は
    他のチームのオファーを聞くことに決めたんだ。』

    『俺がペイサーズのオファーに”NO”と答えた途端チームはC.J.マイルズと契約した。
    彼らは俺が戻らないと考えたんじゃないかな?』

    スティーブンソンのような伸び盛りのFAが5年契約より短期の
    3年契約を選択するのは往々にあることです。

    チームとしては現在のプレイヤーの価値で長くチームに留めたい、
    伸び盛りの選手としては短期契約で自分の価値に見合った年俸が欲しい。
    まあ、そういう事ですよね。
    ランス・スティーブンソン 契約
    年俸900万ドルのプレイヤーとなったスティーブンソンは
    シャーロットのレストランにジョージ・ヒルと
    ロイ・ヒバートを連れ出したそうです。

    ジョージ・ヒルは
    『俺がインディアナに来てから、奴が飯代を出したことがなかったんだ。
    だから、ランスにこう言ったんだ。
    大きな契約を結べたんだからお前が払えよ!」ってね。
    で、実際にランスがおごってくれたんだ』

    ディナーでは多くの思い出話に花が咲き、笑いが絶えなかったそうです。
    ランス・スティーブンソン 夕食 ジョージヒル
    ただ、スティーブンソンにはもう一つ待つべき再会が残っています。
    彼はホーネッツに移籍してからインディアナ時代の良き指導者である
    ラリー・バードと話をしていません。
    スティーブンソンはシャーロットのために去って以来彼の元メンター(バード)と通信していません。

    スティーブンソンはホーネッツ移籍後、初めてインディアナに戻る
    11月19日にバードと会える事を期待しています。
    間違いなく、会って彼と話をするさ!


    スポンサードリンク
    URL :
    TRACKBACK URL :

    コメントお願いします!

    *
    DigiPress

    Return Top