NBA stars -NBAファンサイト-

レブロンはコーチキラー?ヒート時代から?両者の言い分を検証!

レブロンはコーチキラー?ヒート時代から?両者の言い分を検証!

スポンサードリンク

クリーブランド・キャバリアーズの前ヘッドコーチ
デイビッド・ブラットが解任された一件は
リーグに衝撃を与えました。

関連記事はコチラ↓
キャブスがHCデイビッド・ブラットを解雇!後任はタイロン・ルー!

だって昨シーズン、ファイナルまで進出し
今季も怪我人でメンバーがそろわない中
カンファレンス1位を走っていたチームの
ヘッドコーチが解任されるなんて
前代未聞の出来事ですから…。

現地ではこの件の余波は多きく、

『レブロンが今回の解任劇に関わったのではないか…?』

などいろんな憶測が流れているようです。

今回はマイアミ・ヒートの関係者のコメントと
それに対するレブロン・ジェームズのコメントを紹介したいと思います


スポンサードリンク

レブロンはヒート時代もスポルストラを辞めさそうとしていた?

マイアミ・ヒートのリ関係者の一人はレブロンが
フロリダにいた間、頻繁にスポルストラ
辞めさそうとしてたと発言。

もしかすると、レブロンにコーチキラーのレッテルを貼るために
こう言った発言をしている可能性もあると言われています。

『レブロン・ジェームズはヒートの契約前も契約後もヘッドコーチのエリック・スポルストラを辞めさせたがっていたのは明らかだった。』

レブロン・ジェームズ エリック・スポルストラ

この発言をしたのはマイアミ・ヒートのリミテッドパートナーであるラーナン・カッツ

カッツはラジオ放送でこの発言をしたそうです。

『ある時点でヒートのトップであるパット・ライリーがレブロンをオフィスに呼び
 「だれも私にこの組織をどう動かすかなど指示できない」と告げた。
 そしてライリーはジェームズにスポルストラこそ必要な男であり
 彼を解雇するなどあり得ない』

と言い放ったとのことです。

さらにカッツはこう付け加えました。

『それがレブロンがクリーブランドにもどったメインとなる理由だ。』

確かにレブロンがヒートに加入した当初はスポルストラとの間に
確執があるといった噂があったのは確かですが
チームが4年間で4度ファイナル進出を果たし
2度のチャンピオンシップを獲得する間に
そういった噂は消えていきました。

レブロン・ジェームズ ヒート

またカッツはレブロンがキャバリアーズと契約する2週間前、
ヒートに2014年のドラフトでシャバズ・ネイピアー
指名するように告げたとも語っています。

『レブロンのせいで我々はネイピアーを指名するという間違った決断をした。
 ネイピアーは我々の期待に合致する選手ではなかったが
 レブロンが欲しいといったので我々は彼を選んでしまったんだ。』

コーチキラーというレッテルに対するレブロン・ジェームズのコメントをチェック!

レブロンは彼がコーチキラーであると批判するのはおかしいとコメントしています。

レブロンはラーナン・カッツという人物に1度もあったことがなく
エリック・スポルストラを解雇の追い込もうとしたことなどないと主張。

『いったい何のことか、全くもってわからないよ。
 俺は4年間ヒートにいたけど、1度も彼(カッツ)にあったことがない。
 それに彼がチームやコーチングスタッフとの会話に加わったことがあるとも思えない。』

レブロンは今まで一度もコーチに対してディスリスペクトの念を持ったことはない
彼がコーチを解任まで追い込んだという物語に対して辟易しているとコメント。

『俺がスマートなバスケットボール選手でバスケに関してはっきりと自分の意見を言うから誤解されているんだ。』

レブロンはそうやって2度の優勝を果たしたし
これからも自分のやり方は変えないと発言しました。

パット・ライリーがレブロンを擁護!【追記情報1月29日】

『コーチキラー』というレッテルに対してヒートのトップである
パット・ライリーがコメントしました。

『彼(レブロン)から私にそんな話は一度もなかった。』

『ジェームズには多くの逸話が付きまとっている。
 それが本当か間違いかは別として、世間はそんなもんだ。
 でもこの件に関しては彼が私に何かを言ったということはない。』

パット・ライリー レブロン・ジェームズ

ライリーとヒートはレブロンが2014年7月に
クリーブランドに戻ったことに関してハッピーに思っていないが
『事情は分かる』とコメントしています。

『私も同じような状況を2度経験した。』

ライリーは過去にレイカーズとニックスから離れたことについてこう話しました。

『私はロサンゼルスを離れ、いろんな噂がつきまとった。
 ニューヨークを離れてマイアミに来た時も同じさ。』

『そういった話題から脱するのに10年近くかかったんだ。』

ライリーという心強いサポートを受けたレブロン。

今はシーズンに集中してほしいですね!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

  1. […] つづきはこちら (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top