NBA stars -NBAファンサイト-

レブロン『俺は30分の男じゃない』自身の出場時間にコメント!

レブロン『俺は30分の男じゃない』自身の出場時間にコメント!

スポンサードリンク

2014-15シーズン、レブロン・ジェームズ
プレイングタイムは36.1分過去最小でした。

キャブスのヘッドコーチ、デイビッド・ブラッドは
今シーズン、レブロンの出場時間をさらに縮小しようと
計画しています。

しかし現状、キャブスには怪我人が多く
開幕から21試合でレブロンは37.1分
出場時間となっていますね。

13シーズン目、30歳となったレブロンは身体の調子も抜群に良いし
出場時間の劇的な削減は望ましくないとコメントしています。


スポンサードリンク

なぜレブロン・ジェームズの出場時間制限を行うのか?

まず、

『なぜレブロンの出場時間に制限をかけようとしているのか?』

についてその理由を見ておきましょう。

コービー・ブライアントのここ数シーズンの
怪我の状況は彼のプレイングタイムの長さが影響していると
現地メディアも指摘しています。

先週、レブロンがNBA入りしてからの13年のキャリアで
プレイングタイムが44,000時間を超えました。

そこでキャブスはレブロンの身体の負担を考え
出場時間を管理しようとしているのです。

2014-15シーズンの前半ではレブロンは
1試合平均40分プレイしており、当時レブロンは
出場時間を減らすべきと要求していました。

しかしながら今シーズン、上昇傾向にある
出場時間については取るに足らぬものと感じているようです。

レブロン ベンチ

アービングとシャンパート復帰でレブロンの出場時間は削減される?

現地メディアの情報ではカイリー・アービング
イマン・シャンパートが次戦のセルティックス戦で
復帰する可能性が高いと言われていますね。

彼らが戻ってくれば、レブロンを休ませることが
出来る機会が増えるはずです。

チームとしても優勝を狙える体制を整える必要があるので
プレイオフに焦点を当てて、各プレイヤーのプレイングタイムを
管理していくのは間違いないでしょう。

アービング シャンパート

レブロン・ジェームズ曰く『俺は31~32分の男じゃない』

先週、木曜日の練習後にレブロンは

『俺は31分とか32分の男じゃないんだ。
 そんなの俺じゃない。』

とコメントしています。

今シーズン、ここまでレブロンは第4クオーターの得点数(8.9得点)で
リーグナンバーワンのスタッツ
を残していますし
1試合平均26.5得点はリーグ第5位の成績。

さらにリバウンド数も昨シーズンの6.0本から7.9本と約2本増やしています。

それではここで今シーズンのレブロンのハイライトを動画でチェックしましょう。

『俺は今、高いレベルでプレイしている。
 シュートタッチだって極めていい感じだし
 俺がフロアにいる時、チームに悪影響を与えていない。』

『もし俺がチームに悪影響を及ぼすんだったら
 その時はベンチに座っておくべきだろう。
 でも俺は今、すごくいい感じなんだ。』

『俺はベンチに座っているのが好きな男じゃない。
 俺が第4クオーターに座っていても
 相手チームを叩きのめせるならおとなしく座っているよ。
 でもそうじゃないならプレイしなきゃいけないんだ。』

『ラインアップに入ってるなら、コートにでるだけさ。
 48分とか40分出なきゃいけないっていう意味じゃない。
 俺はチームに良い影響を与えるつもりなんだ。』

ザ・プロフェッショナルって感じですね!

ショーツを短くしたのもロールモデルである為
プロであることを常に意識しているレブロン。

流石ですね!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

  1. […] つづこはこちら (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top