NBA stars -NBAファンサイト-

ジェニングス&イルヤソバとトバイアス・ハリスがトレード!

ジェニングス&イルヤソバとトバイアス・ハリスがトレード!

スポンサードリンク

トレードのデッドラインを2日後に控え、各チームに動きが出てきました。

ESPNによるとデトロイト・ピストンズとオーランド・マジックは
現地2月16日にトレードを成立させたようです。

トレードは

【ピストンズ】⇒【マジック】
エルサン・イルヤソバ
ブランドン・ジェニングス

【マジック】⇒【ピストンズ】
トバイアス・ハリス

といった内容でピストンズから特にドラフト指名権や
他の取引はないようです。

このトレードがマジックとピストンズにどんなメリットを
もたらすのかをチェックしておきましょう。


スポンサードリンク

マジックがジェニングスとイルヤソバを獲得するメリットは?

現地2月8日にマジックがハリスのトレードの可能性をオープンにし
それにピストンズが興味を示したといった感じですね。

マジックはリーグで3番目に若いチーム

そこに実績があるベテランのジェニングスとイルヤソバが
加わることは若手選手にとってプラスとなるでしょう。

またジェニングスとイルヤソバはマジックに3ポイントシュートという
大きな武器を提供することが出来るプレイヤーです。

ジェニングスの3ポイントシュート成功率は31.2%
イルヤソバの3ポイントシュート成功率は36.3%

現在、リーグで3ポイント成功数22位、オフェンスランク24位のマジックとしては
2人の3ポイントシュートは大きなプラス
となるでしょうね!

ジェニングスは昨季、アキレス腱断裂しており
その間にチームがサンダーから獲得したレジー・ジャクソン
スターターを奪われた形だったので、心機一転マジックで頑張って欲しいですね!

ピストンズがトバイアス・ハリスを獲得するメリットは?

ピストンズにとって23歳、5年目の若手プレイヤーのハリスを
獲得することでどんなメリットがあるのでしょうか?

ピストンズにはアンドレ・ドラモンドという
ペイントエリアを支配できるビッグマンがいます。

ヘッドコーチのスタン・ヴァン・ガンディ
ストレッチフォーとしてプレイできる選手を探していました。

その要望に応えることが出来るのがトバイアス・ハリス。

ハリスは6フィート9インチ(206㎝)でSF、PFが出来るプレイヤーで
昨シーズンの3ポイントシュート成功率は36.4%

今季もここまで31.1%の3ポイント成功率を記録し
13.7得点、7.0リバウンドというスタッツを残しています。

このトレードが各チームにどんな変化をもたらすか?

後半戦のピストンズとマジックの戦い方にも注目しましょう!

以上、ピストンズとマジックのトレードについてでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top