NBA stars -NBAファンサイト-

アンドリューウィギンス【ウルブズ】の身体能力は?動画でチェック

アンドリューウィギンス【ウルブズ】の身体能力は?動画でチェック

スポンサードリンク

2014NBAドラフトで全体1位で
CLEキャブスから指名
を受けたアンドリュー・ウィギンス

しかしキャブスはチームの補強として
MINティンバーウルヴスのケビン・ラブを獲得する為
ウィギンスをトレードに出しました。

一説にはキャブスがライバルのCHIブルズに
ラブを獲られるのを嫌がったという話もありますね。

NBA入り早々にトレードされてしまったウィギンスですが
ポテンシャルが非常に高いプレイヤーであるのは間違いありません。

今回はアンドリュー・ウィギンスを取り上げます。


スポンサードリンク

アンドリュー・ウィギンスのプロフィール

フルネーム:Andrew Christian Wiggins
国籍:カナダ
生年月日:1995年2月23日
出身地:オンタリオ州トロント、カナダ
身長:203cm
体重:91kg
ポジション:SG/SF
背番号:22
ドラフト:2014年全体1位(CLEキャバリアーズ)
アンドリュー・ウィギンス プロフィール
父はアメリカ人で元NBAプレイヤーのミッチェル・ウィギンス。

母はカナダ人でロスオリンピック、4X100mリレーと4X400mリレーで
銀メダルを獲得した元スプリンターのマリタ・ペイン・ウィギンス。

カナダのジョーダンとも呼ばれたウィギンスは、様々な事情から
4年間で3つの高校に通い、カンザス大学に入学。
アンドリュー・ウィギンス カンザス大学
1年生の時に1試合平均17.1得点、5.9リバウンド、3P成功確率34.1%を記録。

カンザス大学ではこの1年間のみプレイしNBAドラフトにアーリーエントリーしました。

一時期はレブロン・ジェームズ以来の最高の逸材と評価されていましたが
カンザス大学での1年間の成績がインパクトに欠け、その評価もトーンダウン

しかし、ドラフトでは堂々の1位で指名されました。

アンドリュー・ウィギンスの身体能力やポテンシャルは?

身体能力は間違いなく素晴らしいものを持っているウィギンス。

全身がバネではないかと思えるくらいのジャンプ力(垂直跳び約112㎝)を持ち走力も申し分なし。
アンドリュー・ウィギンス 身体能力
得意のステップバックジャンパーも切れ味抜群でなかなか止めることができないでしょう。

ただボールハンドリング、シュートの精度やバスケットボールIQについては
まだまだ改善の余地がある
だろうと言われているようですね。

ウィギンスは温厚な性格で、周囲から好かれるキャラクターを持っているそうなので
ティンバーウルヴスでの活躍次第で人気選手の仲間入りを果たしそうです。
アンドリュー・ウィギンス ポテンシャル

アンドリュー・ウィギンスのプレイを動画でチェック!

まずは10月7日のプレシーズンマッチ、ティンバーウルヴスでのデビュー戦です。

18得点、3ブロックを記録。

こっちは高校時代のプレイ動画です。

リングから頭出てますやん!

スピンムーブのスピードが半端ないですね。

NBAではもっとディフェンスも厳しいので1年目から
この動画のようなプレイを連発するのは難しいでしょうね。

しかし将来が楽しみなプレイヤーであることには変わりありません!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top