NBA stars -NBAファンサイト-

オースティン・リバースの評価は?スキルの高いドックの息子!

オースティン・リバースの評価は?スキルの高いドックの息子!

スポンサードリンク

オースティン・リバースといえば
父親のドック・リバースがHCを務める
クリッパーズのガードですよね。

2015年1月に当時セルティックスに所属していた
ジェフ・グリーンのトレードに伴って
ペリカンズからセルティックスにトレードされました。

セルティックスはリバースに興味がなく解雇される可能性がありましたが
父のいるクリッパーズが興味を示しました。

その後、ネイト・ロビンソンの絡む三角トレード
クリッパーズへやってきました。

関連記事はコチラ↓
ジェフ・グリーンがグリズリーズへ移籍!三角トレード成立か?
ネイトロビンソンがセルティクスにトレード!ネルソンがナゲッツに

そしてオースティン・リバースは
父がHCを務めるチームでプレーした初めてのNBA選手
となったわけです。

父ちゃんに拾ってもらえたドラ息子と思っている方も
いるかもしれませんが、オースティンはかなりスキルの高い選手です。

今回はオースティン・リバースについてまとめていきたいと思います。


スポンサードリンク

オースティン・リバースのプロフィールとキャリアをチェック!

まずはオースティンのプロフィールを
確認しておきましょう。

生年月日:1992年8月1日
出身地:カリフォルニア州、サンタモニカ
身長:193㎝
体重:91㎏
出身高校:ウィンターパーク高校(フロリダ州)
カレッジ:デューク大(2011~2012年)
ドラフト:2012年NBAドラフト1巡目全体10位(ホーネッツ)

オースティン・リバース プロフィール

オースティン・リバースの高校でのキャリア

オースティンは高校生の時にはアメリカ国内の
バスケ選手として全米1~3位にランクされる程の選手でした。
(評価機関によって多少の順位差がある。)

2010年、オースティンはウィンターパーク高校に
初の州チャンピオンという栄光をもたらしました。

オースティン・リバース 高校

同年6月にはFIBAアメリカチャンピオンシップ大会(18歳以下)に
出場する代表チームに選出され、カナダとの1戦では
18歳以下のUSAチーム新記録となる35得点をマーク

金メダル獲得に大きく貢献しました。

翌年もフロリダ州チャンピオンシップでその才能をみせつけ
決勝戦では25得点11リバウンド、4スティールを挙げる活躍。

ウインターパーク高校は連覇を果たしました。

ハイスクール時代のオースティン・リバース、ハイライト集

オースティン・リバースのカレッジでのキャリア

オースティンは2011年にデューク大に入学。

2012年2月8日のノースカロライナ大との1戦

デューク大は残り時間2分の段階で82-72と10点のビハインド。

ノースカロライナ大の勝利は間違いないと思われました。

しかしそこからデューク大が怒涛の追い上げを見せ
最後はオースティン・リバースの3ポイントブザービーター

85-84でノースカロライナ大を破る大逆転劇の主人公となりました。

オースティン・リバース、デューク大でのハイライト集!
(ノースカロライナ大を破ったシーンは動画の最後の部分です。)

オースティン・リバースはNBA入りして苦しんだ?

オースティンは2012年3月26日に
NBAドラフトにエントリーすることを表明。

ドラフト1巡目全体10位でニューオーリンズ・ホーネッツ
(現ペリカンズ)から指名を受けました。

オースティンは『親父のようになりたい』と
ドックと同じ背番号25をチョイス。

しかしオースティンはNBAでの適応に苦しみました。

ウルブスとの試合で27得点をマークする活躍があったものの
1試合平均平均6.2点(FG成功率37%、3P成功率33%)という
スタッツしか残せませんでした。

オースティン・リバース ペリカンズ

その後も安定した活躍を見せることができず
冒頭で触れたトレードでチームから放出されました。

クリッパーズに拾われたオースティンは
控えのガードとしてプレイし、キャリアハイの
FG成功率43%をマーク。

そして2015年NBAプレイオフ
ウェスタンカンファレンス・セミファイナルの第3戦。

オースティンは怒涛の活躍を見せました。

圧巻だったのは第3Q終盤~第4Q序盤の6分間で18得点を挙げた活躍でしょう。

最終的に25得点を挙げ、クリッパーズの勝利に大きく貢献しました。

第2戦で自らが犯した第4Q終盤での致命的な
ターンオーバーを取り返した形となりましたよね!

オースティン・リバースのスキルを動画でチェック!

オースティンはハンドリングスキルが高く
ドライブが得意なガード
です。

クリッパーズでいえばジャマール・クロフォードのようなタイプでしょう。

彼のハンドリングスキルとクロスオーバーの速さを動画で見てみましょう。

ミドルシュート、3ポイントシュートの成功率が上がってくれば
非常にディフェンスしにくい厄介な選手になるでしょうね。

クリッパーズにはNBA最高のPGの一人であるクリス・ポールもいますし
オースティンと似たプレイスタイルながら1枚も2枚も上手な
クロフォードもいます。

オースティンにとっては非常に良い環境でプレイできているのは
間違いないので、今後の成長に期待したいですね!

以上、オースティン・リバースについてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top