NBA stars -NBAファンサイト-

ステフィン・カリーが決めた信じられない5本のシュート!

ステフィン・カリーが決めた信じられない5本のシュート!

スポンサードリンク

2年連続MVPのステフィン・カリー

彼の限界がないと思えるシュートレンジは
NBAの歴史の中でも類をみない
と言えると
思います。

カリーはそのえげつないハンドリングと
クイック・リリースでディフェンダーを
キリキリ舞いにさせます。

そのスキルの高さは現在行われている
ウェスタンカンファレンスファイナルの
第2戦、わずか2分以下の時間で15得点
記録したことでも証明されていますよね。

この試合後、相手チームのエース
ケビン・デュラントはカリーについて

『カリーはセレクションの悪いショットを決めた』

とコメント。

今回はカリーが2015年に沈めた
信じられないワイルドショット5選
動画で振り返りたいと思います。


スポンサードリンク

オールスターゲームでのサーカスショット

2015年2月15日、ブルックリンで行われた
オールスターゲームでのワンシーン。

華麗なハンドリングスキルで2人の
ディフェンダーを抜き去った後
アル・ホーフォードのブロックをかわす
バックボードを使ったサーカスショット
披露しました。

ディフェンダー4人を翻弄し3ポイント

2015年3月8日のクリッパーズ戦。

ボーガットからパスをもらったカリーは
ディフェンダー4人に囲まれながらボールをキープ

3ポイントラインの外に出ながら、しかも
振り向きざまに3ポイントを決めました。

オーバータイムに持ち込むタフショット

2015年4月23日、プレイオフファーストラウンド。

2勝0敗で迎えた第3戦。

ウォーリアーズは試合時間残り9.6秒で
3点のビハインド。

カリーはインバウンドパスからの
セットプレイで最初の3ポイントを
ミスしたものの、スペイツがオフェンス
リバウンドを取り、カリーにパス。

カリーは2人がブロックに来た上から
見事に同点に追いつくスリーを沈めました

カリーのフルコート・ブザービーター

2015年5月15日のグリズリーズ戦。

カリーは第3クオーターの残り1.4秒で
ルーズボールを奪い、約21メートルの距離の
ショット
を沈めました。

しかもリムには全く触れず
まさにスウィッシュ!という正確さ…。

意図しない3ポイント

2015年11月11日のグリズリーズ戦の一コマ。

カリーはスティールからのトランジションで
ファウルされたこと確信してフリースローを
もらうために3ポイントシュートを放ちました。

グリズリーズのロゴマーク周辺から放たれた
ショットはそのままリムに沈みましたが
ファウルはコールされず

いかがでしたか?

今日行われるウェストファイナルの
サンダーvsウォーリアーズでも
カリーがこんなショットを見せるのか?

楽しみですね!

以上、ステフィン・カリーが2015年に
決めた信じられない5本のシュート
でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top