NBA stars -NBAファンサイト-

ダミアンリラードはクラッチシューター!ダンクやアリウープも凄い

ダミアンリラードはクラッチシューター!ダンクやアリウープも凄い

スポンサードリンク

2013年5月、文句なしの満票で新人王に輝いたダミアン・リラード

リラードは直近の32試合で27勝リーグ最速の30勝、一番乗りで
ウェスタンカンファレンス2位につけるトレイルブレイザーズ躍進の
原動力となっているのは間違いありません

最近ではリラードが現役選手で最もクラッチタイムに強いプレイヤーだと
いうデータや分析があるほどなんです。

そんな彼も【未来のNBAスター】のひとりであると言えるでしょう。


スポンサードリンク

ダミアン・リラードのプロフィールは?

生年月日:1990年7月15日
出身地:カリフォルニア州オークランド
身長:191cm
体重:88kg
ポジション:PG(SG寄りですよね)
背番号:0
ドラフト:2012年全体6位(トレイルブレイザーズ)

ダミアン・リラード クラッチショット

彼は2年目で既にオールスター選手となるほどのプレイヤーです。

リラードは彼とマッチアップするディフェンダーにとって
非常に止めにくい存在だと思います。

3ポイントライン周辺でもステップバックして楽に3Pシュートを決める
広いシュートレンジ
を持っている上、ディフェンダーがタイトについてくると
クイックネスを活かしてペネトレイトします

その見極めも非常にうまいですよね。

フリースローも87%の成功率を誇るのでファウルもしにくいです。

特筆すべきリラードの凄さはクラッチタイムでの異常な勝負強さでしょう!

ダミアン・リラードはNBA最強のクラッチシューター!

今シーズン、リラード第4Qに最も多くの得点を獲った選手なんです。

上のツイートは現地1月12日のレイカーズ戦が終了した時のツイートです。

内容は
『本日のレイカーズ戦の第4Qでリラードが17得点し
 今シーズンの第4Qでの通算得点が232得点となり
 リーグ最多』といった感じですね。

ダミアン・リラード クラッチシューター

単に第4Qに強いというだけでなく(それだけでも凄いのですが)
勝負がかかった残り1分以下やOTでは異常なほどの勝負強さを誇ります。

昨シーズンのプレイオフ、ファーストラウンド第6戦で
リラードブザービーター3Pシュートでロケッツを
破った試合も劇的でしたよね。

そのシーンは下の動画の1位にランクされているショットです。

2013-14シーズン リラードのクラッチショットベスト10

今シーズンのサンダー戦でもまったく同じようなシーンがありましたし
彼の勝負所での集中力はすさまじいものがあります。

ダミアン・リラードの身体能力!ダンクやアリウープも凄い!

リラード勝負強いシューターであることはわかって頂けたと思います。

しかし191㎝でPG、NBAでは小柄なリラードですが身体能力が凄いんです!

昨年のオールスターウィークエンドにも

  • ライジングスターズ・チャレンジ
  • オールスターゲーム本戦
  • ダンクコンテスト
  • 3ポイントコンテスト
  • スキルズチャレンジ
  • と様々なジャンルに出場。

    これだけでも身体能力の高さがうかがえますよね。

    1月12日のレイカーズ戦でもニコラス・バトゥームからの
    アリウープパスをワンハンドダンクで叩き込んだり

    第4Q残り1分の勝負所でコート中央から一気に加速し
    レイカーズのジョーダン・ヒル(208㎝)とエド・デイビス(208㎝)が
    ブロックに来るのもお構いなし、ファウルをもらいながらダンクを叩き込んだり
    その身体能力は計り知れません。

    この試合ではリラード34得点、7アシスト、3リバウンドを記録

    とても3年目の若手プレイヤーとは思えませんね。

    リラードは未来のスーパースターどころか既にスーパースターなのかも知れません。

    最後までお読みいただきありがとうございました!


    スポンサードリンク
    URL :
    TRACKBACK URL :

    Comments & Trackbacks

    • コメント ( 1 )
    • トラックバック ( 0 )
    1. リラードは本当に将来の楽しみな選手ですよね!

      NBAナンバーワンのPGと呼ばれる日も近いのでは??

    コメントお願いします!

    *
    DigiPress

    Return Top