NBA stars -NBAファンサイト-

デアンドレジョーダン自身のフリースローについて『何も変えない』

デアンドレジョーダン自身のフリースローについて『何も変えない』

スポンサードリンク

フリースローの成功率が低い選手にわざとファウルを仕掛け失点を抑える。

俗にハック・ア・シャックと呼ばれるこの手法は
名将、ドン・ネルソンが考案したと言われています。

デニス・ロッドマン
シャキール・オニール
ベン・ウォーレス
などがこの手法を良く使われるターゲットとなっていましたよね。

最近のNBAではドワイト・ハワードデアンドレ・ジョーダン
この作戦でファウルをもらうことが多いです。

今回はデアンドレ・ジョーダンが自身のFTについて
コメントを残したので紹介します。


スポンサードリンク

デアンドレ・ジョーダンのFT試投数がうなぎ上り!

ハック・ア・ジョーダン

複数のチームがFT成功率の低いデアンドレ・ジョーダンに対して
故意のパーソナルファウルを犯すため、ジョーダンの
FTアテンプト数は年々うなぎ上りとなっており、

ここ4シーズン、ジョーダンのFTアテンプト数は
100本づつ増えていっているペースです。

2015年プレイオフ、カンファレンス・セミファイナルでも
ヒューストンロケッツがハック・ア・ジョーダンを仕掛け
NBA記録をつくってしまいました。

この試合でジョーダンは試合を通して34回のフリースローアテンプトを獲得。

このうち28本はなんと前半だけで獲得したものでした。

ちなみに前半だけで28本のFTがNBA記録となっています。

それではこのゲームでジョーダンの試投した
FT34本をすべて見てみましょう。

デアンドレ・ジョーダンが自身のフリースローについて『何も変えないよ』

ジョーダンのキャリアを通してのFT成功率は41.7%

フィールドゴールも半数以上をダンクで叩き込むジョーダン。

2014-15シーズンのFGアテンプト数が534本。

FG成功数が379本でFG成功率71%と非常に高いですが
FGアテンプト数の6割以上がダンクというデータが示す通り
ジョーダンがシュートが上手いわけでないことは明らかです。

チームとしてはジョーダンにFTの成功率を上げてほしいところでしょうが
ジョーダンにその気はないようです。

ロサンゼルスタイムズの記者によると
ジョーダンがフリースローに関して
何にか新しい取り組みをするのか?という質問に対して

『何も変えないよ、同じさ』

とコメントしたそうです。

つまりジョーダンは今までの練習方法を変える予定はなく
これまでと同じルーティーンでベストを尽くすということのようですね。

それではこれまでのジョーダンの7シーズンにおける
FT成功率とFT試投数を見てみましょう。

2008-2009シーズン 38.5%(109本)
2009-2010シーズン 37.5%(128本)
2010-2011シーズン 45.2%(217本)
2011-2012シーズン 52.5%(141本)
2012-2013シーズン 38.6%(249本)
2013-2014シーズン 42.8%(374本)
2014-2015シーズン 39.7%(471本)

*( )内がFT試投数です。

ジョーダンのフリースロー時のシュートフォームはさほど
乱れている感じはありませんよね。

でもジョーダンのFTはだいたい短い左にそれていく傾向が高いようです。

クリッパーズとしては今後、こういったシーンを減らすべく
FT成功率の向上を図って欲しいことでしょうね。

ちなみにFTアテンプト数トップ30に入った選手の中で
ジョーダンとハワードだけがFT成功率70%を切っているそうです。

この現象はジョーダンとハワードがFT成功率を高めるまで続きそうですね…。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 1 )

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top