NBA stars -NBAファンサイト-

ドレイモンド・グリーン【未来のNBAスター】パワーフォワード編

ドレイモンド・グリーン【未来のNBAスター】パワーフォワード編

スポンサードリンク

NBAの未来を担うであろうプレイヤーを各ポジションごとに紹介していく
【未来のNBAスターシリーズ】の第4弾、今回はパワーフォワード編を
お贈りしたいと思います。

昨季までウォリアーズ不動のPFと言えば
2度オールスターに出場したこともある
デイビッド・リーでしたよね。

しかし今季、そのリーが負傷のため、チャンスが回ってきたのが
3年目の若手プレイヤーであるドレイモンド・グリーン(本来はSF)。

ドレイモンド・グリーン ディフェンス

ドラフト2巡目指名で今季のサラリーも100万ドル以下
ウォリアーズにとってお買い得なプレイヤーですね。

今でも庶民的アパートに住み、激安チェーン店で買い物をするという
グリーンをピックアップしていきましょう。


スポンサードリンク

ドレイモンド・グリーンのオフェンス力は相手チームにとって厄介な存在?

ドレイモンド・グリーンはウォリアーズというチームの中では
4番目か5番目のオフェンスオプションですが
スティーブ・カーHCのシステムの下、大いに成長している選手です。

1試合当たりのスタッツはほとんどの項目でキャリアハイを更新中。
12.1得点、8.3リバウンド、3.7アシスト、1.5スティール、1.5ブロック

プレイングタイムも33.1分と昨季より10分ほど長くなっています。

出場時間のほとんどをPFとしてプレイしていることも
グリーンにとっては有利に働いている
ようです。

というのも一般的にPFと言われるプレイヤーにとって
グリーンをディフェンスするのは厄介なんですね。

なぜならグリーンはペイントエリア内外を動き
さらに必要があれば3Pラインに沿っても動くからです。

ルーキーイヤーでは3Pシュート成功率が20.9%だったグリーンですが
現在はその成功率も34.5%と高くなっており
アウトサイドでフリーにできない選手に成長しています。

さらにグリーンはパスを受けてからのシュートがうまく
この場合の3P成功率も35.3%にアップ。

ドレイモンド・グリーン オフェンス力

また彼の存在は第2のゲームメイカーと言えるほど
エクストラパスを出すのがうまかったり
ウィングから切り込む能力が高いんです。

相手チームにとっては本当に厄介な存在ですよね!

ドレイモンド・グリーンのディフェンス力は一級品!

ディフェンス面でみてもPFとしてプレイすることは
グリーンにとっては痛くもかゆくもないようですね。(笑)

サイズは201㎝とPFとしては小柄ですが、グリーンとマッチアップした相手は
彼らの1試合平均得点よりも平均4.3得点少ない点しか取れていません

さらにグリーンはポイントガードからセンターまで
ディフェンスできる万能のディフェンダーです。

ドレイモンド・グリーン

彼はウォリアーズには得点能力の高い選手がそろっているのを知っており
このチームで自分が得点を獲る必要がなく、ディフェンスで貢献しよう
チーム状況を最初から理解していたようです。

ドレイモンド・グリーンの最大の武器はバスケットIQの高さ?

グリーンがウォリアーズに入団した時のヘッドコーチ、マーク・ジャクソン
チームの戦術に対するグリーンの理解度に驚いたそうです。

またジャクソンはグリーンのバスケットボールIQの高さについて
こんなコメントを残しています。

今すぐにでもコーチになろうと思えばなってしまえる
ルーキーなんてグリーン以外に思いつかない。

またこんな話もあります。

ルーキーの時に当時ヒートにいたレブロンとマッチアップしたグリーン。

試合後、グリーンのプレイについてレブロン

グリーンはどのチームにいても、出場時間を貰える選手だろう。
あれほどゲームの進め方をわかっている男はそうそういないよ

とグリーンを称賛しました。

ドレイモンド・グリーン バスケットボールIQ

グリーンを将来のスター選手というのには賛否両論あると思いますが
今季の彼のブレイクアウトぶりを見ていると十分可能性があるように感じます。

グリーン自身も

自分はバスケットボールスキルや身体能力が高い訳ではない。
だからコートをよく見て試合を研究なくちゃならないんだ。

自分の強みをよく理解しています。

今年の7月にはまだまだ成長の余地のあるプレイヤーでありながら
12得点、8リバウンド、3アシスト、1ブロック以上を記録する数少ないプレイヤーとして
マックス契約も狙えるドレイモンド・グリーン。
(今季このスタッツを残している選手はティム・ダンカンマーク・ガソールとグリーンのみ)

今後の成長が楽しみな選手ですね!

以上、ドレイモンド・グリーンについてでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top