NBA stars -NBAファンサイト-

ハーデンがロケッツ史上初の15アシストのトリプルダブルを達成

ハーデンがロケッツ史上初の15アシストのトリプルダブルを達成

スポンサードリンク

今シーズンからポイントガードを務めている
ロケッツのジェームズ・ハーデン

開幕から8試合を消化した現段階で
ハーデンのアベレージスタッツは
30.6得点、13アシスト、7.8 リバウンド
1.25スティール
というモンスター級のもの。

先日も自身がNBAのベストプレイヤーだと
自負したハーデンですが、それも納得の
スタッツですよね。

過去44年間誰も成し遂げていない
1試合平均30得点以上&10アシスト以上
という記録も狙えそうな勢いです。

そんなハーデンがロケッツ史上初の
記録
を達成しました。


スポンサードリンク

ハーデンが15アシストのトリプルダブルを達成

自身のことをNBAのベストプレイヤーだと
発言した直後、ハーデンはこれがその証拠だと
言わんばかりのパフォーマンスを披露して
くれました。

現地11月9日に行われたスパーズ戦で
ハーデンは24得点、15アシスト、12リバウンド
を記録し今季初のトリプルダブルを達成。

この15アシストを含むトリプルダブルは
ロケッツ史上初の記録
だそうです。

それではこの試合のハーデンのハイライトを
動画でチェックしましょう。

一方、ハーデンはこの試合で8つの
ターンオーバー
を犯しています。

しかも2試合連続となる8ターンオーバー。

ハーデンほどボールを持つ機会が多いと
ある程度のターンオーバーは仕方ないかも
しれませんが、8つはちょっと多いですかね?

ハーデンはこの試合で106回ボールを持ち
64回のパスを出し、15のアシストをマーク。

他のロケッツのメンバーは誰一人50回も
ボールにタッチしておらず
、また誰一人
30回もパスを出していないんだそうです。

どれだけハーデンがボールを支配して
ゲームを進めているのかがよくわかる
数字ですね。

ハーデンは今季PGでプレイしている
ことについて次のようなコメントを
残しています。

『以前よりも多くのスペースがあるし
僕が得点できる機会も増え、同時に
僕がフリーの選手を見つけるチャンスも
増えているよ。』

今季、ハーデンがどれだけの成績を
残すのか楽しみですね!

以上、ハーデンがロケッツ史上初となる
15アシストのトリプルダブルを達成

という内容でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top