NBA stars -NBAファンサイト-

ジャバリパーカー【バックス】の評価や身体能力は?動画でチェック

ジャバリパーカー【バックス】の評価や身体能力は?動画でチェック

スポンサードリンク

ジャバリ・パーカーは2014年のNBAドラフトで
全体2位指名を受けた期待のルーキーです。

1位指名はアンドリュー・ウィギンスに譲りましたが
即戦力としてはパーカーの方が期待できるとの声も多いようです。

今回はジャバリ・パーカーのポテンシャルについて見ていきましょう。


スポンサードリンク

ジャバリ・パーカー【2014ドラフト2位】のプロフィールは?

まずはジャバリ・パーカーのプロフィールを紹介しましょう。

フルネーム:Jabari Ali Parker
生年月日: 1995年3月15日
出身地:イリノイ州、シカゴ
身長:203㎝
体重:107㎏
ポジション: SF、PF
背番号:12
ドラフト:2014年全体2位(MILバックス)
ジャバリ・パーカー プロフィール
ドラフト1位指名を受けたアンドリュー・ウィギンスと同じように
パーカーも元NBAプレイヤー(ソニー・パーカー)の父を持ちます。

ジャバリ・パーカー 父

ジャバリと父ちゃんのソニー

関連記事はコチラ→2014ドラフト1位アンドリュー・ウィギンスの実力は?

パーカーは高校時代からバスケ選手として突出していました。

彼は母校であるシメオン高校を4年連続の州チャンピオンへと導きます。
*Simeon Career Academyは4年制の専門学校です

シメオン高校出身のNBA選手は

  • デリック・ローズ
  • ニック・アンダーソン
  • ボビー・シモンズ
  • などがいますね。

    ジャバリ・パーカー デリック・ローズ

    デリック・ローズと少年時代のジャバリ・パーカー

    余談ですがベン・ウィルソンもNBAに間違いなく入団していただろう選手でしたが
    高校3年生のシーズン前に凶弾に倒れたプレイヤーです。

    興味のある方はDVDが出版されているのでどうぞ。

    ちなみにパーカーは文武両道で高校3年生時、377人中18位の成績だったとか…。

    高校卒業後、デューク大学に入学しましたが
    大学では1年間のみプレイし、2014年NBAドラフトにアーリーエントリーし
    ミルウォーキー・バックスから全体2位で指名を受けます。

    ジャバリ・パーカーの評価や身体能力をウィギンスと比較!

    パーカーは2014年ドラフトでNBA即戦力として最も期待できる選手と評価されています。

    また他のルーキーたちからもパーカーが新人王だろうという声が多いようですね。
    ジャバリ・パーカー 評価
    メインのポジションはSFで非常にシュート力の高い、オールランドプレイヤーです。

    シュートレンジも広く3Pももちろん、ステップバックプルアップジャンパーも得意、
    さらにポストアップしてからのプレイも非常にうまいと思います。
    ジャバリ・パーカー 身体能力
    純粋な身体能力ではウィギンスの方が勝っている印象がありますが
    成熟度やオフェンスでの引き出しの多さはパーカーが上でしょうね。

    ウィギンスはカナダのジョーダンと呼ばれた事もあるようにMJと比較されるタイプのプレイヤー、
    対するパーカーはグラント・ヒル、カーメロ・アンソニー、ポール・ピアース、グレン・ライス等に
    似たタイプだと言われているようですね。

    パーカー、ウィギンスともに低迷しているチームに入団したので
    多くのプレイタイムを与えられることが予想されます。

    お互い切磋琢磨して将来のNBAを引っ張る選手に成長してほしいですね!
    ジャバリ・パーカー ウィギンス 比較

    ジャバリ・パーカーのプレイを動画でチェック!

    それではお待ちかね、パーカーのプレイ動画をチェックしてみましょう!

    まずはパーカー高校時代のプレイ動画から。

    ずば抜けていますね!
    まあ、高校生の中でパーカーをガードできる選手はそうそういないでしょう。

    そして次はロスアンゼルスで行われたNBAドラフトワークアウトの様子。

    は、速い!そしてステップバックの幅が2m位ありそうなんですけど…(笑)

    ミルウォーキー・バックスは昨シーズン15勝67敗とまさにドアマットチームでした。

    再建への道は厳しいものになると予想されますが、パーカーをはじめ
    才能あふれる若手プレイヤーが揃ってきています。

    数年後にはリーグ台風の目となっている可能性もあるバックス。

    パーカーのリーダーシップと牽引力に期待したいですね!


    スポンサードリンク
    URL :
    TRACKBACK URL :

    コメントお願いします!

    *
    DigiPress

    Return Top