NBA stars -NBAファンサイト-

ハーデンが32分間のプレイで44得点!ジョーダン以来の記録とは?

ハーデンが32分間のプレイで44得点!ジョーダン以来の記録とは?

スポンサードリンク

ロケッツのジェームズ・ハーデンアンストッパブルなプレイで
ブレイザーズとの試合を支配したようです。

それではハーデンの強烈なプレイ動画も含めて見ていきましょう。


スポンサードリンク

ジェームズ・ハーデンが32分間のプレイで44得点!

現地12月22日に行われたロケッツ vs ブレイザーズのゲームで
ハーデンがシーズンハイ(タイ)となる44得点を挙げました

試合も110-95でロケッツが大勝し、ここまでの成績を20勝7敗としました。

それでは早速、試合を動画でチェックしてみましょう。

試合開始からハーデンは飛ばしていましたね。

第1Qで9本のシュートを決め19得点を稼ぎ出し
ハーフタイムまでには31得点、5アシスト、5スティールを記録。

これは今季リーグ全体を見渡しても誰も到達していないレベルです。

最終的にハーデンはたった32分間のプレイタイムで44得点をマーク。

しかも26本のシュートでこの得点は抜群に効率が良いですよね!

現地の記事によるとハーデンは昨シーズンのプレイオフ初戦で
ブレイザーズに敗れているので、リベンジの気持ちが強かったのでは?
と報道されているようです。

今回のハーデンのスタッツはマイケル・ジョーダン以来の記録?

この試合でみせたハーデンの素晴らしいパフォーマンスは
あのマイケル・ジョーダンが1993年に記録した以来というものだったようです。

内容的には40得点以上、5アシスト以上、5スティール以上を
35分以下のプレイタイムで達成
したというものです。

ツイッター画像を見てもらえればわかるように1991年には
スコッティー・ピッペンも記録していますね。

20年以上なかったスタッツなんですね!

しかしNBAには細かい記録が残っていますよね~。

調べるスタッフも大変そうですけど。(笑)

ロケッツは12月26日にメンフィス・グリズリーズ
28日にはサンアントニオ・スパーズとの試合がロードであります。

今回のホームでの勝利はロードに出る前の良い景気づけになったんじゃないでしょうか。

レベルの高いウェスタンカンファレンスにおいて
誰も止められない存在になりつつあるハーデンの存在は
ロケッツにとって大きなアドバンテージになりそうですね!

ハーデン 記録

ちなみに現段階でハーデンの1試合当たりの
平均スタッツは次の5つのカテゴリー全てでキャリアハイの数値です。

  • 27.0得点
  • 6.2リバウンド
  • 7.0アシスト
  • 2.0スティール
  • 1.0ブロック
  • 『俺よりうまいバスケ選手はいない』と豪語するハーデンですが
    その言葉が現実となる日も遠くはないのかもしれません。

    以上、ジェームズ・ハーデンのエグイパフォーマンスについての情報でした。

    最後までお読みいただきありがとうございました!


    スポンサードリンク
    URL :
    TRACKBACK URL :

    Comments & Trackbacks

    • コメント ( 1 )
    • トラックバック ( 0 )
    1. ハーデンのリズムは独特ですよね!

      ここにピストンズを解雇になったジョシュ・スミスが加わって
      ケミストリーが整えばかなり強力なチームになるでしょうね~。

      スミス加入はありえるかな?どう思いますか?

    コメントお願いします!

    *
    DigiPress

    Return Top