NBA stars -NBAファンサイト-

カール・アンソニー・タウンズが2試合連続でダブルダブルを記録!

カール・アンソニー・タウンズが2試合連続でダブルダブルを記録!

スポンサードリンク

ウルブスには2014年のドラフト1位、アンドリュー・ウィギンス
2015年のスラムダンクコンテスト覇者、ザック・ラビーン
大ベテランのケビン・ガーネット
怪我から復帰したリッキー・ルビオ
アベレージで20得点を期待できるとケビン・マーティン
才能ある選手はそろっています。

そこに2015年NBAドラフト1位でミネソタ・ティンバーウルブスに
指名されたカール・アンソニー・タウンズが加わりました。

関連記事はコチラ↓
カール・タウンズJr【2015年NBAドラフト】1位or2位指名予想の選手!
タウンズがドラフト1位の実力を発揮!KDも復帰!ラッセルは負傷欠場?

そしてタウンズは開幕戦から2試合連続でダブルダブル
記録するというルーキーとしては素晴らしい活躍を見せています。

今回は開幕戦と2戦目のタウンズの
ハイライト動画を紹介したいと思います。


スポンサードリンク

カール・アンソニー・タウンズが開幕戦でいきなりダブルダブル!

まずは10月28日にレイカーズのホームで
行われた開幕戦のハイライト動画をチェックしましょう。

この試合がNBA公式戦デビューとなったタウンズですが
いきなり14得点、12リバウンドのダブルダブルを記録しました。

さすがドラフト1位といった感じですね!

当たり負けしない強さもありますし
何と言ってもシュートタッチが柔らかいですよね。

ステップバックジャンパーも沈めるあたり
とてもセンターのプレイヤーとは思えません。

試合も112-111の僅差でウルブスが勝利しました。

カール・アンソニー・タウンズが2試合連続のダブルダブルを記録!

そして10月30日に行われた2戦目の相手はデンバー・ナゲッツ。

それでは早速、ハイライトシーンを動画で見てみましょう。

タウンズはこの試合で28得点、14リバウンド、4ブロック
凄まじい活躍を見せました。

10代の選手が28得点、14リバウンドを記録したのは
レブロン・ジェームズ以来
なんです。

これって結構スゴイことですよね!

ウィギンスも背部に痛みがあるものの18得点をマーク。

試合も95-78の大差でウルブスが勝利。

昨シーズン、アウェイでは7勝34敗だったウルブスですが
開幕からアウェイで2連勝と波に乗っています。

今シーズン、ウルブスが台風の目になる可能性も
あるかもしれませんね!

ちなみにナゲッツのエマニュエル・ムディエイ
15得点を記録するもタウンズに無慈悲なブロックをされるシーンもありました。

以上、ドラフト1位のアンソニー・タウンズが
開幕戦から2試合連続でダブルダブルというニュースでした!

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top