NBA stars -NBAファンサイト-

コービー・ブライアント【今シーズン終了後の引退が確定!】

コービー・ブライアント【今シーズン終了後の引退が確定!】

スポンサードリンク

ついにこの知らせを聞くときがやってきてしまいました。

20年ものキャリアをロサンゼルス・レイカーズ一筋
過ごしてきたコービー・ブライアント

これまで引退について明言を避けてきたコービーでしたが
2015-16シーズン終了後に引退することが確定しました。

コービーに怪我がなく、レイカーズがプレイオフ進出を逃した場合
(現段階ではその可能性が高いですが)
2016年4月13日、レイカーズのホームであるステイプル・センターで
ユタ・ジャズを迎える試合がNBAでの最後の試合
となります。

それではコービーのコメントをチェックしておきましょう。


スポンサードリンク

コービーがとうとう引退を明言!シーズン終了後の引退が確定!

レイカーズのレジェンドプレイヤー、コービー・ブライアント
現地11月29日、ザ・プレイヤーズ・トリビューンに
『Dear Basketball』というタイトルでポエムを投稿。

そのポエムを全文、原文で載せておきますね。

Dear Basketball,

From the moment
I started rolling my dad’s tube socks
And shooting imaginary
Game-winning shots
In the Great Western Forum
I knew one thing was real:

I fell in love with you.

A love so deep I gave you my all —
From my mind & body
To my spirit & soul.

As a six-year-old boy
Deeply in love with you
I never saw the end of the tunnel.
I only saw myself
Running out of one.

And so I ran.
I ran up and down every court
After every loose ball for you.
You asked for my hustle
I gave you my heart
Because it came with so much more.

I played through the sweat and hurt
Not because challenge called me
But because YOU called me.
I did everything for YOU
Because that’s what you do
When someone makes you feel as
Alive as you’ve made me feel.

You gave a six-year-old boy his Laker dream
And I’ll always love you for it.
But I can’t love you obsessively for much longer.
This season is all I have left to give.
My heart can take the pounding
My mind can handle the grind
But my body knows it’s time to say goodbye.

And that’s OK.
I’m ready to let you go.
I want you to know now
So we both can savor every moment we have left together.
The good and the bad.
We have given each other
All that we have.

And we both know, no matter what I do next
I’ll always be that kid
With the rolled up socks
Garbage can in the corner
:05 seconds on the clock
Ball in my hands.
5 … 4 … 3 … 2 … 1

Love you always,
Kobe

コービーのバスケットボール愛が伝わってくるポエムです。

印象的なのは太字の部分で

今シーズンが僕が君(バスケットボール)に
あげることができる最後のシーズンだ。
僕のハートは鼓動を受け取ることが出来る
僕の心は退屈で嫌なことだって扱える。
でも僕の体は『さようなら』を言う時だって知っている

といった感じの意味でしょうか。

それではここでコービー・ブライアントのスーパープレイの
数々を動画でご覧ください。

コービーはシーズン開幕前、彼の20年目のシーズンを
『さよならツアーのようなものにしたくない』
と言っていました。

しかし、怪我、年齢、37歳にして55,000分以上もNBAで
プレイしたコービーの身体には限界が来ているのかもしません。

アキレス腱断裂以降、肩の負傷もあり直近3シーズンで
53試合しかプレイできていませんもんね。

・17回オールスター選出
・15回オールNBA選出
・5回の優勝
・2度のファイナルMVP
・1度のシーズンMVP
・2度の得点王
・歴代3位の得点数 

など数々の偉業を成し遂げてきたコービー。

今シーズンはここまで、1試合平均
15.7得点、FG成功率31.5%、3P成功率19.5%
満足いく数字でないことは明らかです。

NBAコミッショナーのアダム・シルバーも

『コービーはNBA史上最も偉大な選手の一人だ。
 ファイナルを戦うことであろうと
 真夜中の誰もいないジムでジャンプショット打つことだろうと
 コービーはバスケットボールに対して無条件の愛を持っていた。』

『私も世界中の多くのコービーファンに仲間入りし
 NBAで突出したキャリアを称賛したい。
 そして彼が見せてくれた数多くのスリル満点の記憶に感謝したい。』

とコメントを残しています。

シーズン終了と同時にまた偉大な選手がコートを去ることになります。

ちょっと寂しいですが、コービーが第2の人生でも活躍することを願っています。


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

  1. […] つづきはこちら (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top