NBA stars -NBAファンサイト-

クリス・ダンは全米NO.1ポイントガード【2016年NBAドラフト】

クリス・ダンは全米NO.1ポイントガード【2016年NBAドラフト】

スポンサードリンク

カレッジで活躍し、大きな期待を受けて2015年NBAドラフトで指名され
リーグ入りしたルーキーたちのファーストシーズンも終盤に突入しました。

関連記事はコチラ↓
2015年NBAドラフト【上位指名有力選手まとめ!】

2015年ドラフト組では

カール・アンソニー・タウンズ
クリスタプス・ポルジンギス

この2人のビッグマンが突出した活躍を見せていますよね。

新人王争いにも注目していきたいですが
今回はカレッジ・ナンバーワン・ポイントガードと評価され
2016年NBAドラフトで上位指名が期待される
プロビデンス大のPG、クリス・ダンについて紹介したいと思います。

関連記事はコチラ↓
ベン・シモンズは2016年NBAドラフト1位指名間違いなしのスーパースター!
NBAのキング・レブロンが認めた!『ベン・シモンズと比較されても気にならない』
スカル・ラビッシアーは2016年NBAドラフトの上位指名候補!


スポンサードリンク

クリス・ダンのバスケ経歴やプロフィールをチェック

まずは簡単にダンのプロフィールから見ていきましょう。

生年月日:1994年3月18日
出身地:コネチカット州ニューロンドン
国籍:アメリカ
身長:193㎝
体重:100㎏

出身高校:ニューロンドン高校
カレッジ:プロビデンス大(2012年~)

ポジション:ポイントガード

クリス・ダン プロフィール

クリス・ダンの高校でのバスケットボールキャリア

ダンの在籍した高校はコネチカット州にあるニューロンドン高校。

彼はこの高校のオールタイム・リーディングスコアラーであり
最も試合を支配したポイントガードと言われています。

2010-11シーズン、ダンが3年生の時には1試合平均
26.5得点、10リバウンド、5アシスト、5スティールを記録。

チームも27勝0敗という成績を残しました。

4年生時の2011-12シーズンには通算2000得点を記録。

コネチカット州のナンバーワンプレイヤーにランクし
全米でみても24位にランクされる実力を誇りました。

クリス・ダンのカレッジキャリア

ダンは2011年8月にプロビデンス大への進学を公表。

しかし2012年6月に肩の関節唇を損傷し、手術を受けたため
カレッジでのデビューは同年の12月後半となってしましました。

2013年12月にもダンは肩の手術を受けた為
2年生時の残りのシーズンはプレイできず。

そして満を持して臨んだ2014-15シーズン、
ダンはビッグ・イーストで最優秀守備選手賞を獲得。

NBA入りよりも大学卒業することを優先
4年生のシーズンを過ごしています。

2015-16シーズン、ここまでのダンのスタッツは
17.4得点(FG成功率:46.2%、3P成功率:38.6%)
6.9アシスト、6.1リバウンド、3.2スティール
を記録しています。

クリス・ダンのプレイスタイルは?

全米のカレッジプレイヤーの中でもダンほど
生産性の高い選手はそう多くはいません。

トリプルダブルをルーティンにできるような選手ですからね。

ダンはポイントガードとしては典型的な体に
十分なスピードやパワー、瞬発力を備えています。

191㎝/100㎏で206㎝のウィングスパンというのは
ウィザーズのジョン・ウォールとほぼ同サイズ

またダンには非常に高いパススキルがあり
ファストブレイクでは自分で
相手ディフェンダーを引きつけ
チームメイトにイージーレイアップ
オープンでの3ポイントシュートなどを
おぜん立てしてあげるのがうまいですね。

ハーフコートオフェンスではスクリーンを使うのが上手く
広い視野巧みなボールハンドリングスキル
オープンの選手を見つけます。

ただミッドレンジのシュートはまだまだ取り組むべき課題であり
今季もこの距離のシュート成功率は34%にとどまっています。

現地メディアによると現役NBA選手でダンに似たタイプの選手は
ジョン・ウォール、エマニュエル・ムディエイなどがあげらていますね。

2016年NBAドラフトで上位指名されることは間違いないでしょうね!

以上、ドラフト上位指名が期待されるクリス・ダンについてでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top