NBA stars -NBAファンサイト-

クリスタプス・プアルズィンギスはラトビアのビッグマン!(NBAドラフト)

クリスタプス・プアルズィンギスはラトビアのビッグマン!(NBAドラフト)

スポンサードリンク

先日までにドラフトでトップ5指名が予想される選手を紹介しました。

関連記事はコチラ↓
2015年NBAドラフト【上位指名有力選手まとめ!】
カール・タウンズ・Jrはオラジュワンの再来?
ジャリル・オカフォーはドラフト1位指名?
エマニュエル・ムディエイはCBAでプレイする異端児!
ディアンジェロ・ラッセルは将来有望なコンボガード!
ジャスティス・ウィンスローはグラント・ヒル級のプレイヤー?
マリオ・ヘゾンジャの身体能力が高い!【U-16欧州選手権のMVP】
スタンリー・ジョンソンは高校No.1と言われた選手!
トレイ・ライルズの評価は?バスケIQの高いカナダ人!
コーリーステインはラリーバードが認めた100万ドルプレイヤー?

今回はトップ5に割り込む可能性のある
ラトビアの19歳、215㎝のビッグマン
クリスタプス・プアルズィンギスについて紹介していきたいと思います。

プレイ動画もありますのでぜひチェックしてくださいね!


スポンサードリンク

クリスタプス・プアルズィンギスのプロフィール

生年月日:1995年8月2日
出身地:ラトビア
国籍:ラトビア
身長:215㎝
体重:100㎏
ポジション:PF/C

クリスタプス・プアルズィンギス プレイスタイル

ラトビアで生まれたプアルズィンギスはユース時代からクラブチームでプレイし
2012年からプロとしてリーガACB(スペインプロリーグ)でプレイしています。

プアルズィンギスは2013-14シーズンの
オール・ヤングプレイヤー・チームに選出されていますね。

また、プアルズィンギスは2014年のNBAドラフトにエントリーしたのですが
直前でキャンセルしています。

昨シーズンのスタッツ(18歳以下欧州選手権ディヴィジョンA)は
11.6得点、10.0リバウンド、4.9ブロックを記録。

スペインとの3位決定戦では9ブロックをあげるという活躍も見せています。
クリスタプス・プアルズィンギス プロフィール

クリスタプス・プアルズィンギスのプレイスタイルは?

あるNBAのゼネラルマネジャーの言葉を借りましょう。

『プアルズィンギスは運動能力とスキルが高く、何でもできる7フッターだ。』

『私は彼のウォームアップを見たが、私はプアルズィンギスをみて
パウ・ガソールが初めてスペインリーグに現れた時の事を思い出したよ。』

『ただ、この少年の方がガソールよりアスレチックで多様性がある選手だ。
私はこの時以来、チームにこう問い続けているよ。

本当にプアルズィンギスが1番じゃないのか?
カレッジで本当に彼より良い選手はいるのか?

とね。』

それではここでプアルズィンギスのプレドラフトワークアウトの様子を動画でチェックしてみましょう。

個人的な見解ですが、プアルズィンギスは
まだ本当のポジションを見つけていないのではないでしょうか?

体重が100㎏と線が細いので、現段階ではポストプレイで
強さを発揮しているとは言えない状況
です。

現に彼の得点の多くはピック&ロール、リバウンド後のプットバック
スポットでの3ポイントシュートなどです。

どちらかというとフォワードタイプのプレイが多い印象ですね。

215㎝という身長を活かし、センターとしてNBAでオールスタープレイヤーとなるには
まずは体重を20~30㎏は増やさないといけないでしょうね。

ただアウトサイドシュート含め、シュートタッチが良いので
ノビツキーのように7フッターフォワードとしてプレイするの面白いかもしれませんね。

以上、クリスタプス・プアルズィンギスについてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top