NBA stars -NBAファンサイト-

モー・ウィリアムスとトロイ・ダニエルズがホーネッツへトレード!

モー・ウィリアムスとトロイ・ダニエルズがホーネッツへトレード!

スポンサードリンク

先日、シャーロット・ホーネッツのPGケンバ・ウォーカーが
半月板の手術の為、今シーズン離脱のニュース
をお伝えしました

現在、プレーオフ出場圏内にとどまっているホーネッツは
プレイオフ出場に向け、ウォーカー不在の穴を埋めるべくトレードを敢行しました。

それでは早速トレードの内容をチェックしておきましょう!


スポンサードリンク

モー・ウィリアムスがウルブスからホーネッツへ移籍!トレード内容は?

イースタンカンファレンス・プレイオフ出場の座を守るべく
ホーネッツがティンバーウルブスからPGのモー・ウィリアムス
SGのトロイ・ダニエルズを獲得
しました。

モー・ウィリアムス トレード
トロイ・ダニエルズ トレード

ティンバーウルブスはこの二人の代わりにSGのゲイリー・ニール
2019年のドラフト2巡目指名権を獲得

ホーネッツはPGのウォーカーが膝の手術で抜けてから戦力補強を模索していました。

ブライアン・ロバーツは安定したバックアップPGとしての役割を果たしていましたが
ウォーカーの穴を埋め、スターターとしてオフェンスを指揮するに役不足感が否めませんでした。

そこでホーネッツはランス・スティーブンソンを第2のボール運び役としてプレイさせていましたが、チームはスティーブンソン控え選手オフ・ザ・ボールのプレイをさせる選択をしました。

一方、ウルブスでのモー・ウィリアムスの役割は、リッキー・ルビオが怪我から復帰したこととルーキーPGのザック・ラビーン育成のため激減するという状況にありました。

と言ってもウィリアムスは今シーズンのペイサーズ戦で52得点を挙げたプレイヤーです。

それではここでウィリアムスが
52得点(6本の3Pシュート)、7アシストを記録した
ゲームハイライトをチェックしておきましょう。

ウィリアムスもホーネッツ移籍に関して

ホーネッツはプレイオフを狙える位置にいるし
俺のキャリアはここで終えれるような気がするよ!

と前向きなコメントをしています。

ホーネッツでの活躍に期待がかかりますね!

ドラフト外プレイヤーのトロイ・ダニエルズの爆発力に期待!

ウィリアムスと共にトレードされたトロイ・ダニエルズですが
彼はまだ23歳でNBA2年目、爆発的な得点力を秘めた長距離シューターです。

ダニエルズは昨シーズンドラフト外でボブキャッツ(ホーネッツの前身)と契約。

しかしキャンプ中に解雇され、ロケッツに拾われ、Dリーグでプレイしていました。

そして昨季、終盤戦にDリーグから昇格を果たし、5試合に出場。

スターターとして起用されたペリカンズ戦では、なんと6本の3Pを決め、22得点をマーク。

さらにウェスタンカンファレンスのプレイオフ・ファーストラウンドの第3戦
ブレイザーズとの一戦では残り11.0秒で決勝3Pシュートを決める活躍。

このシリーズでダニエルズは15本中8本の3Pシュートを沈めました。

ちなみにダニエルズはDリーグ42試合の出場で240本の3Pシュートを決め
リーグ記録を大きく更新(それまでの記録を88本も更新)しているプレイヤー

ホーネッツでの大きな飛躍と活躍に期待ですね!

以上、モー・ウィリアムスとトロイ・ダニエルズの移籍ニュースでした!

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top