NBA stars -NBAファンサイト-

NBA次世代スーパースタープレイヤーまとめ!【将来の有望選手】

NBA次世代スーパースタープレイヤーまとめ!【将来の有望選手】

スポンサードリンク

世界中から選りすぐりのプレイヤーたちが集まる
世界ナンバーワンのバスケットボールリーグNBA

毎年のように将来のスター選手たちが誕生していますよね。

ここではそんな次世代のスター選手たちをポジション別に紹介し
さらにその詳細記事へ飛べるリンク集となっています

【NBAレジェンドまとめ】の若手プレイヤー版だと思っていただければ
分かりやすいかと思います。

紹介する選手はどんどん増えていく予定ですので
時々、チェックしにきてくださいね!

すでにスターとなっているプレイヤーも含まれていますが、若手という事でご容赦を!(笑)


スポンサードリンク

NBA次世代スタープレイヤー【ポイントガード編】

まずはコート上の指揮官、ポイントガードからチェックしましょう!

現在NBAでは非常に優れたPGが多く在籍しますが
そんな彼らに勝るとも劣らないプレイヤーが誕生しています。

ステフィン・カリー

カリー ウォーリアーズ

ステフィン・カリーは2014-15シーズンのMVP候補であり
すでにスーパースターといってもよい存在です。

というか、オールスターファン投票でレブロンを押さえて
最多得票数を獲得したんですから確実にスーパースターですよね
。(笑)

2011年、PGとしてリーグを支配し、MVPに輝いたデリック・ローズでさえ、
2015年現在、『NBAのナンバーワンPGはカリーだ』とコメントしています。

ステフィン・カリーの記事はコチラ!
ステファンカリーの練習動画をチェック!歴代最高のシューター?
ステフィン・カリーは今シーズンNBAのベストポイントガード?
カリー初のシグニチャーモデルのバッシュ!【カリーワン】
カリーがスーパースターとして超絶な進化!その秘密は?
カリーがトップの得票数!2015年NBAオールスターのスタメン発表!
カリーが3ポイント対決で10歳の女の子に敗北?

ダミアン・リラード

リラード ブレイザーズ

リラードは現在、NBAで最も勝負強いクラッチプレイヤーと評価されいます

第4Qに非常に頼れるプレイヤーであり、勝負どころでは必ずと言っていいほど
自分で得点を決めてしまします。

身体能力が高く、クイックネス&跳躍力もあるので
ペネトレイトしてPFやCを相手にダンクをかますことも多々ある
非常に見ごたえのあるプレイヤーですね!

ダミアン・リラードの記事はコチラ!
ダミアンリラードはクラッチシューター!身体能力もエグイ!
リラードモデルのバッシュ【Dリラード1】がアディダスから発売!

デニス・シュラウダー

デニス・シュラウダー 未来 スターPG

ドイツ出身のデニス・シュラウダーはホークスで
ジェフ・ティーグの控えPGとしてプレイしています。

ティーグが欠場していた間は見事にその穴を埋めましたよね。

まだまだ改善すべき点はありますが
才能あるプレイヤーであることは確かだと思っています。

デニス・シュラウダーの記事はコチラ!
デニス・シュラウダー【未来のNBAスター】ポイントガード編

オースティン・リバース

オースティン・リバース プロフィール

ペリカンズからドラフトで放出され、解雇寸前のところを
父のいるクリッパーズに拾ってもらった形になった
オースティン・リバース

これまであまり注目を集める選手ではありませんでしたが
クリッパーズに移籍して、その才能が開花しそうな感じです。

オースティン・リバースの記事はコチラ!
オースティン・リバースの評価は?全米No.1高校生プレイヤーだった!

NBA次世代スタープレイヤー【シューティングガード編】

続いてアウトサイドシュートのうまいプレイヤーの多いシューティングガード!

ヤニス・アンテトクンポ

ヤニス・アンテトクンポ 未来 スター

アンテトクンポはSGとしては規格外のサイズと言っていい211㎝の身長を誇ります。

ボールハンドリングもいいですし、ファストブレイクでスピードに乗ってしまえば
なかなか止めることができません。

アウトサイドシュートの確率が上がってくれば
アンストッパブルなプレイヤーになるでしょうね!

ヤニス・アンテトクンポの記事はコチラ!
ヤニス・アンテトクンポが2年目で開花の予感!MVP級のポテンシャル?
ヤニス・アンテトクンポ【未来のNBAスター】シューティングガード編
ヤニス・アンテトクンポがスラムダンクコンテストに参加!

NBA次世代スタープレイヤー【スモールフォワード編】

現代NBAではエースポジションと言えるスモールフォワード。

SFには将来のスーパースターとなりそうなプレイヤーも多くしますね。

アンドリュー・ウィギンス

アンドリュー・ウィギンス MVP

2014年NBAドラフトNO1ピックウィギンス
カナダのマイケル・ジョーダンと例えられたその才能
ファンに披露するまで少し時間がかかった感がありますが
間違いなく将来、NBAを担うプレイヤーの一人です。

まだ少し体の線が細いですが、数年すれば体つきも変わるでしょう。

個人的には今季の新人王獲得は満票一致でウィギンスだろうと見ています。

アンドリュー・ウィギンスの記事はコチラ!
アンドリューウィギンス【ウルブズ】の身体能力は?動画でチェック
ウィギンスが徐々に才能を開花!若い頃のジョーダンに似ている?
アンドリュー・ウィギンスが12月の月間新人賞を受賞!
アンドリュー・ウィギンス【未来のNBAスター】スモールフォワード編
ウィギンス(ウルブス)が絶好調!2015年新人王へ向けて急加速!

ジャバリ・パーカー

ジャバリ・パーカー

ウィギンスに次いで2014年NBAドラフトで2位指名を受けたジャバリ・パーカー

パーカーは12月15日のバックスvsサンズのゲームで
前十字靭帯断裂という大怪我を負ってしまいました。

それまでは安定したプレイでウィギンスを抑え
新人王候補筆頭だったんですけどね~。

来シーズンは完全復帰するでしょうし、ウィギンスとともに
将来のNBAの顔となるべきプレイヤーです。

ジャバリ・パーカーの記事はコチラ!
ジャバリ・パーカー【バックス】の評価や身体能力は?動画でチェック
ジャバリ・パーカーが左膝前十字靭帯断裂!復帰はいつ?

NBA次世代スタープレイヤー【パワーフォワード編】

以前は汚れ役、縁の下の力持ちという印象が強かった
パワーフォワードというポジションですが
現代NBAではアウトサイドシュートも打てる選手が増えていますよね。

ナーレンズ・ノエル

ナーレンズ・ノエル プロフィール

シクサーズのビッグマン、ナーレンズ・ノエル。

カレッジ時代の前十字靭帯断裂という怪我の影響で
ルーキーシーズンを全休し、2014-15シーズンが
ノエルにとって1年目のシーズンとなりました。

ディフェンス力には定評のあるノエルですが
オフェンス力アップにも取り組んでいます。

若いチームを引っ張る中心選手としての役割が期待される
ノエルに注目です!

ナーレンズ・ノエルの記事はコチラ
ナーレンズ・ノエルがシュートレンジを広げオールスターを狙う!

ドレイモンド・グリーン

ドレイモンド・グリーン オフェンス力

2014-15シーズン、ウォリアーズの大躍進を支える
プレイヤーの一人であるドレイモンド・グリーン

もともとSFでなんでもハイレベルでこなすオールラウンドプレイヤーですが
デイビッド・リーの負傷欠場の為、代役としてPFのポジションで
プレイすることが多くなっています。

それが功を奏してか、マッチアップするPFにとって
非常に厄介な存在になっているようです。

またバスケットボールIQが非常に高く、入団当時のHCであるマーク・ジャクソン
『新人でコーチになれる奴はグリーンしか知らないよ!』と言わしめたほどの
スマートさも併せ持っています。

ドレイモンド・グリーンの記事はコチラ
ドレイモンド・グリーン【未来のNBAスター】パワーフォワード編

トリスタン・トンプソン

トリスタン・トンプソン プロフィール

2015年NBAファイナルでもそのリバウンドの強さで
キャブスに大きく貢献したトリスタン・トンプソン

ロッドマンのゲームを見てリバウンドを研究しているそうですね。

また、、もともと大学時代まで左利きだった彼は
少しでもシュートがうまくなりなりたいという理由から
プロ入り後に利き手を右に変更しているんです。

向上心の高さは素晴らしいですよね!

トリスタン・トンプソンの記事はコチラ!
トリスタン・トンプソンは左利き?ロッドマン並のリバウンド!

NBA次世代スタープレイヤー【センター編】

90年代はゲームを支配する圧倒的な存在感を誇ったセンタープレイヤーが
数多くリーグにいましたよね。

アキーム・オラジュワン
パトリック・ユーイング
デイビッド・ロビンソン
シャキール・オニール
アロンゾ・モーニングなどなど

最近ではドワイト・ハワードがセンターとしてゲームを支配できる
プレイヤーとなりつつあります。

ジョエル・エンビード

ジョエル・エンビード

2014年NBAドラフトでは1位指名されるだろうと見られていた
ジョエル・エンビードですが、ドラフト前に怪我をしてしまい
指名順位を3位まで下げました。

さらにその怪我の為、今季はプレイすることなくシーズンを終えそうですが
プレドラフトワークの動画を見ていると、センターらしからぬシュートタッチ
バレーボールで鍛えた跳躍力パワフルな躯体と物凄い才能を感じます。

アキーム・オラジュワンの再来なんていう評価があるほどの選手です。

怪我の為、体重増加が指摘されていますが来季の76ersは
楽しみなチームとなるでしょうね。

ジョエル・エンビードの記事はコチラ!
ジョエル・エンビード【未来のNBAスター】センター編

ハッサン・ホワイトサイド

ハッサン・ホワイトサイド プロフィール

マイアミ・ヒートに突如として現れた超新星、ハッサン・ホワイトサイド。

彼は7フッターで体格も良く、大学時代には1試合平均5ブロック以上を記録し
NBAでもセンターとして期待された新人でしたが
なかなか芽が出ずに、チームを転々としていました。

しかし、今シーズンにヒートと契約し、一気に開花しましたね!

ハッサン・ホワイトサイドの記事はコチラ!
ハッサン・ホワイトサイドのブロックショットがエグイ!動画でチェック!

アンドレ・ドラモンド

アンドレ・ドラモンド

2014-15シーズン途中にジョシュ・スミスを放出したピストンズは
2015年オフシーズンにビッグマンのグレッグ・モンローを
バックスに放出。

ペイントエリアの番人となったアンドレ・ドラモンドは
2015-16シーズン開幕から怒涛の活躍を見せています。

そのリバウンド力はデニス・ロッドマンの全盛期に
匹敵
する凄まじいもの。

NBAを代表するセンターに仲間入りするのも時間の問題でしょうね!

アンドレ・ドラモンドの記事はコチラ
アンドレドラモンドはロッドマン級のリバウンドマシン!進化の秘密は?

いかがでしたか?

他にも素晴らしい才能を持った若手プレイヤーが数多くいます。

今後もそういった選手をピックアップしてこのリンク集を充実させていきますので
時々チェックしに来てくださいね~!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 今更なんですけども、僕はティムハーダウェイjrに注目してます!

    • コメントありがとうございます!

      ハーダウェイJrも身体能力高いですよね。

      お父さんとは違うプレイスタイルですが
      将来性が高いプレイヤーですね!

  2. オラディポが入ってないのは残念というか悲しいです…2013年ドラフトを代表する選手ですし、既にその実力の片鱗を見せていますよ。

    • まひるさん

      コメントありがとうございます!

      オラディポも良い選手ですよね!
      このまとめはどんどん増やしていく予定なのですが
      最近、手を付けれていません(汗)

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top