NBA stars -NBAファンサイト-

ポール・ジョージが怪我から復帰しMVPを狙う!来季はパワーフォワード?

ポール・ジョージが怪我から復帰しMVPを狙う!来季はパワーフォワード?

スポンサードリンク

インディアナ・ペイサーズのPG13こと
エースのポール・ジョージ

2014年夏のUSAエキシビションマッチで
下腿の開放骨折という大怪我を負い
2014-15シーズンの大半をリハビリに費やしました。

2015-16シーズン、彼の目標は高く
シーズンMVPを獲得することをゴールに
掲げているそうです。

さらにペイサーズのプレジデントである
ラリー・バードにはこれまでのチームの
プレイスタイル大きく変える構想があるとか?

それでは内容をチェックしておきましょう!


スポンサードリンク

ポール・ジョージ(ペイサーズ)が怪我から復帰しMVPを狙う!

NBAシーズンMVPを来シーズンのゴールに設定したポール・ジョージ

『ドラフトで指名され、NBA入りして僕はベンチからのスタートだった。
そしてスターターになろうと努力し次はオールスターになろうとトライし続けてきた。
次の僕のゴールはMVPになること。今年もそれは変わらないよ!』

ジョージは北京のナイキストアでファンにこう話したそうです。

開放骨折から復帰したてのジョージにとって
MVPを勝ち取るというゴールは非常に高いものです。

ポール・ジョージ MVP

負傷する前の2013-14シーズン、ジョージは1試合平均
21.7得点、6.8リバウンドをマークするオールNBAクラスの選手でしたよね。

MVPを勝ち取るには2013-14シーズン以上の成績を上げ
チームを引っ張って行かなくてはなりません。

それではここでポール・ジョージのハイライトプレー集をチェックしましょう。

ポール・ジョージがSFからPFへコンバート?

2015-16シーズン、ペイサーズはこれまでと
大幅に異なるロスターでの戦いとなります。

センターのロイ・ヒバートはレイカーズへ移籍。

PFのデイビッド・ウェストはチャンピオンリングを求めて
スパーズへ移籍しました。

関連記事はコチラ↓
フリーエージェントまとめ一覧!2015年NBA大物FAをチェック!

ジョージはこれまでよりさらにリーダーとしての役割を果たし
チームメイトを引っ張って行かなくてはなりません。

ジョージ自身もこれについてよく理解しており

『チームリーダーとして他の選手よりも多く努力しなくちゃならない。
毎日アリーナに一番乗りして、誰よりも遅く帰るっていう具合にね。』

とコメントをしています。

ポール・ジョージ パワーフォワード

さらにチームプレジデントのラリー・バードは
来シーズンのジョージについてこれまでと異なる
起用方法を考えているようです。

ウェストとヒバートが抜けた影響もあるのか
スモールラインアップでジョージを4番で
プレイさせる構想だそうです。

バードは
『チームとしてもう少し走り、1試合当たり
6点から8点ほど平均得点を上げる
ようなゲームを目指す』
とコメントしてます。

さらにバードはジョージがこの役割を
受け入れるかどうかという質問に対して

ジョージが決めることじゃないさ。私もPFでプレイしたし、実際PFでプレイしたらそのポジションが大好きになった。
特にオフェンス面ではジョージはかつてないほど素晴らしい気分になれると思うよ。
彼がどのポジションでプレイしたいかを彼と争う気は全くない。
彼はバスケットボール選手だしどこでもプレイできるんだからね。』

と答えています。

ジョージのアウトサイドシュート力があればストレッチフォーとして
活躍できる可能性は大いにありますが、まだまだ線が細いのが
気になるところですかね?


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top