NBA stars -NBAファンサイト-

ウェストブルックがジョーダン以来の4試合連続トリプルダブル!

ウェストブルックがジョーダン以来の4試合連続トリプルダブル!

スポンサードリンク

2015年オールスターゲームで41得点を挙げてMVPを獲得したラッセル・ウェストブルック

関連記事はコチラ↓
ウェストブルックがエグイ活躍で2015NBAオールスターゲームMVPを獲得!

ケビン・デュラントと共にサンダーを引っ張るエネルギーの塊のようなウェストブルックですが、先日、試合中にチームメイトの膝が顔面に入り、頬骨を骨折してしまいました。

しかし、そんな負傷で勢いのとまるプレイヤーではありません!

1試合のみ欠場し、フェイスマスクを装着し復活!

復帰戦でもえげつないプレイを見せましたね!

2014-15シーズンのレギュラーシーズンMVPも受賞するかもしれません。

それでは内容をチェックしておきましょう!


スポンサードリンク

ラッセル・ウェストブルックがジョーダン以来の4試合連続トリプルダブル!

現地3月4日(水曜日)に行われた76ers戦のオーバータイムで10個目のアシストを記録し
1988-89シーズンにあのマイケル・ジョーダンが記録して以来の
4試合連続トリプルダブルという凄いスタッツをラッセル・ウェストブルックがマークしました!

この試合のハイライト動画をチェックしましょう!

さらにこの試合でウェストブルックが記録したスタッツ
49得点、16リバウンド、10アシストは、2007年にビンス・カーターが記録して以来
誰も記録したことがない45-15-10以上のトリプルダブルというものです。

2月27日のブレイザーズ戦の終盤に頬骨を骨折
フェイスマスクを装着しての復帰第1戦となるこの試合で
4連続トリプルダブルを記録するなんて
熱い漢ウェストブルックならでは
といった感じですかね。(笑)

4試合連続トリプルダブルのスタッツをおさらいしましょう。

2月24日(ペイサーズ戦)20得点、11リバウンド、10アシスト(28分出場)
2月26日(サンズ戦)39得点、14リバウンド、11アシスト(43分出場)
2月27日(ブレイザーズ戦)40得点、14リバウンド、11アシスト(37分出場)
3月1日 頬骨を骨折した為、欠場。
3月4日(76ers戦)49得点、16リバウンド、10アシスト(42分出場)

ウェストブルック 4試合連続トリプルダブル

4試合連続トリプルダブルという記録はNBAの長い歴史の中でも

  • マイケル・ジョーダン
  • オスカー・ロバートソン
  • ウィルト・チェンバレン
  • マジック・ジョンソン
  • モーリス・ストークス
  • 以上の5選手しか記録したことがなく
    ウェストブルックはNBA史上6人目の快挙を達成したことになります。

    ウェストブルックは今シーズンすでに6回目のトリプルダブルをマークしていて
    これも2011-12シーズンにレイジョン・ロンドが記録して以来のものとなりますね。

    しかし彼にとって最も重要なのは76ersに勝利し、ペリカンズを追い越して
    ウェスタンカンファレンス8位に順位を上げたことでしょう。

    サンダーはこのままプレイオフ進出を果たすでしょうから
    プレイオフ台風の目となるのは間違いなしですね!

    以上、ウェストブルックの大記録、4試合連続トリプルダブルについてでした。

    最後までお読みいただきありがとうございました!


    スポンサードリンク
    URL :
    TRACKBACK URL :

    コメントお願いします!

    *
    DigiPress

    Return Top