NBA stars -NBAファンサイト-

シャックの息子シャリーフ・オニールは高校生!未来のNBAスター?

シャックの息子シャリーフ・オニールは高校生!未来のNBAスター?

スポンサードリンク

シャキール・オニールと言えば、その恵まれた体格と
高い身体能力を活かして1990年代中盤から2000年代にかけて
NBAを支配したレジェンドプレイヤーですよね。

関連記事はコチラ↓
シャックの身体能力は最強?伝説のダンクでゴール破壊動画がスゴイ
シャックと猫のコラボ動画が面白い!性格の分かるエピソードは?

ゴールを破壊したり、ホームレスの為に自宅に食料、飲み物をを
大量において開放したり
と数々の伝説を持つシャックですが
(これらの伝説については上のリンクの記事で詳しく触れています)
息子のシャリーフ・オニールもバスケでその才能を開花するかもしれません。

それではシャリーフのプレイ動画も含めてチェックしておきましょう!


スポンサードリンク

シャリーフ・オニールが高校を支配する日は近い?

シャリーフはまだ高校1年生ですが、彼が高校での試合を
支配するようになるのはそう遠くないのではと言われているようです。

シャリーフ・オニール

シャックとマッチアップするプレイヤーは

  • シャックのパワーに対抗するため疲労する
  • 得点を取られまくる
  • ダンクされてその日のニュースハイライトで放送される
  • ファウルトラブルに陥りベンチに座る
  • プライドがズタズタにされる
  • ということが避けられない運命にあります。(笑)

    将来、シャリーフとマッチアップするディフェンダーも
    こういったことを覚悟しなくてはならなくなるでしょう。

    さらにシャリーフの場合はリストの内容がさらに増えるかもしれません

    シャリーフ・オニール シャック

    まだ高校1年生のシャリーフは既に203㎝の身長があり
    バスケのスキル自体は高校時代のシャックよりも上です。

    アウトサイドシュートのタッチも良く、ボールハンドリングもいいですし
    フリースローもシャックのようなことはありません。(笑)

    シャリーフとマッチアップする相手にとっては悪夢ですよね。

    言い忘れていましたが、シャリーフのブロックショットは
    すでにシャック並だそうですよ。

    それではここでシャリーフのプレイ動画をチェックしましょう。

    ちなみにオヤジのシャックは高校時代こんな感じのプレイヤーでした。

    シャック全米最高の高校生プレイヤーと言われていましたから
    レベルが違いますね!

    3年後にシャリーフシャックにどこまで近づいているか?
    それともシャックを超えているのか?

    楽しみですよね!

    シャリーフ・オニールのプレイスタイルはシャックと全然違う?

    先ほども触れましたがシャリーフのシュートレンジは
    シャックよりもかなり広いです。

    シャックの場合はローポストでゴリゴリ押し込む
    典型的なパワー型センターでした。

    シャリーフもポストでの強さを見せますが
    シャックのようにポストプレイだけではありません。

    シャリーフ・オニール プレイスタイル

    ミドルシュートから3ポイントシュートまで打てる
    シュートレンジの広さを持っています。

    今年のドラフト1位が予想される
    カール・タウンズJrのようなタイプになるかもしれませんね。

    とはいえ、シャリーフはまだ高校1年生。

    27試合に出場して1試合平均
    3.7得点、2.9リバウンド、0.3アシスト、0.4ブロック
    というちょっと物足りないスタッツ。

    今後の課題も多いでしょうが、将来が楽しみな選手ですね。


    スポンサードリンク
    URL :
    TRACKBACK URL :

    Comments & Trackbacks

    • コメント ( 2 )
    • トラックバック ( 0 )
    1. これは楽しみですね。
      シュートタッチがお父さんに似なくてよかった。
      確かシャックは、息子には自分のプレーを真似するより、ノビツキ―など次世代のプレーヤーを参考にしてほしいと言っていたのを何かの記事で見た気がします。
      その通りに、中と外とオールラウンドに点をとれる選手に育ってますね。

      • コメントありがとうございます!

        近年のセンターは幅の広いプレイができる選手が多くなってきましたね。

        まだ若いので可能性は無限大ですよね!

        ホントに楽しみです。

    コメントお願いします!

    *
    DigiPress

    Return Top