NBA stars -NBAファンサイト-

スカル・ラビッシアーは2016年NBAドラフトの上位指名候補!

スカル・ラビッシアーは2016年NBAドラフトの上位指名候補!

スポンサードリンク

以前、2016年ドラフト1位候補の
ベン・シモンズを紹介しました。

2016年NBAドラフト関連記事はコチラ↓
ベン・シモンズは2016年NBAドラフト1位指名間違いなしのスーパースター!
NBAのキング・レブロンが認めた!『ベン・シモンズと比較されても気にならない』
クリス・ダンは全米NO.1ポイントガード【2016年NBAドラフト】
ブランドン・イングラムは次世代のデュラント?2016年NBAドラフト

ベン・シモンズと同様に2016年NBAドラフトで
1位指名を受けるのではないかと言われているのが
今回、紹介するスカル・ラビッシアーです。

プレイ動画もありますのでゆっくりとご覧ください。


スポンサードリンク

スカル・ラビッシアーのプロフィールやバスケ経歴は?

生年月日:1996年3月18日
出身地:ハイチ、ポルトープランス
国籍:ハイチ
身長:213㎝
体重:98㎏

ポジション:PF/C

出身高校:Evangelical Christian School(メンフィス)
⇒Lausanne Collegiate School(メンフィス)

カレッジ:2015年~ケンタッキー大学

スカル・ラビッシアー プロフィール

スカル・ラビッシアーのハイチ時代は波乱万丈?

ハイチの首都、ポルトープランスで生まれたラビッシアーは
地元にある中学校でバスケットボールキャリアをスタートさせました。

しかし2010年、ラビッシアーが13歳の時、ハイチで大きな地震がありました。

地震の規模はマグニチュード7.0という大きなもので
31万人以上が犠牲になりました。

ラビッシアー ハイチ地震

ハイチ地震でラビッシアー一家も被災

母の兄弟と母、そしてラビッシアーの3人は
崩れ落ちた自宅の下敷きになりました。

3時間後には3人とも救出されましたが
ラビッシアーの足は崩れた家の一部の下敷きになっており
脱出後、数週間は足が麻痺してしまい
歩くことが出来なかったそうです。

この地震から数か月後、ラビッシアーは
アメリカのテネシー州メンフィスに引っ越ししました。

スカル・ラビッシアーの渡米後~高校時代

ラビッシアーはメンフィスにあるEvangelical Christian Schoolに入学。

もちろん、学校のバスケチームでスタメンとしてプレイしていました。

渡米直後は少ししか英語を話すことが出来ず
授業中にフランス語の通訳が必要だったそうですが
3~4か月後には通訳の助けも必要なくなり
自在に英語が話せるようになったそうです。

2014年にラビッシアーは高校4年生の時に
Lausanne Collegiate Schoolに転校。

しかしこの転校が原因でラビッシアーは
TSSAAによりLausanneでのプレイは不適格と判断され
このシーズンLausanneでプレイすることができませんでした。
(*TSSAA-Tennessee Secondary School Athletic Association)

その代わり、ラビッシアーは別のチームでプレイし
1試合平均26得点、12リバウンド、4.5ブロックという
アベレージを残しました。

スカル・ラビッシアーがケンタッキー大でカール・タウンズの後釜に?

2015年NBAドラフトで1位指名されたのが
ケンタッキー大のカール・アンソニー・タウンズでしたよね。

タウンズは211㎝、113㎏と体重がありましたが
ラビッシアーは213㎝、98㎏線の細さは否めません

ただコートのどこからでも得点できる能力など
タウンズの後釜を務めるのに不足はないと思います。

身体も大学の1年間で大きくなるでしょうしね。

もし2016年NBAドラフトでラビッシアーが1位指名されたら
ケンタッキー大学のセンターが2年連続で1位指名となります。

さらにラビッシアーもしくはシモンズどちらかが
1位指名された場合、

2013年ドラフト1位:アンソニー・ベネット(カナダ)
2014年ドラフト1位:アンドリュー・ウィギンス(カナダ)
2015年ドラフト1位:カール・タウンズ(ドミニカ)

と4年連続でアメリカ人以外のドラフト1位プレイヤーの誕生となりますね。

スカル・ラビッシアーのプレイスタイルは?

ラビッシアーはコート上のどこからでも
スコアすることが出来る7フッター

という評価が一般的なようですね。

シュートタッチもスムーズですし
プルアップジャンパーも上手いです。

7フッターがジャンプショットを打てれば
そうそうブロックされることもないでしょうね。(笑)

さらにダブルチームでディフェンスされてもスコアもできる
パスもさばける
となると相手チームはどうしようもありません。

ドリブルからでもパスをもらってからでも
スコアできるのはラビッシアーの強みだと思います。

現地でも彼のサイズのプレイヤーでこれほどシュートチャンスを
作れるプレイヤーめったにいないという評判ですよ!

身体つきはまだ細いですが、腕や肩周りをみると
将来的にがっちりした体型になりそうな感じが見受けられます。

ディフェンス面でもブロックショットが上手く
ュートフェイクに引っかかってジャンプすることも少ないですね。

もちろん身長もあるのでリバウンド能力も高いです。

また練習もハードにこなし、バスケに向き合う姿勢も抜群だそうです。

ラビッシアーのウィークポイントですが
体の細さ位だという評価です。

カレッジのゲームを見れる環境にある方は
是非ケンタッキー大のスカル・ラビッシアーに
注目して観戦してみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top