NBA stars -NBAファンサイト-

ステフィン・カリー自身が選ぶ2014-15シーズンのベストプレイトップ4!

ステフィン・カリー自身が選ぶ2014-15シーズンのベストプレイトップ4!

スポンサードリンク

ご存知のようにステフィン・カリー
レギュラーシーズンMVPを獲得したあと
チームのエースとしてウォリアーズに
40年ぶりのチャンピオンシップをもたらしました。

今回はカリー自身が選ぶ
『2014-15シーズンのベストプレイトップ4』
を動画で紹介したいと思います。


スポンサードリンク

ステフィン・カリー自身が選ぶベストプレイトップ4!

昨シーズンの多大なる成功は少しづつ過去のものとなっていますが
ステフィン・カリーはプレシーズンの段階で
まるで昨年のシーズン半ばくらいのプレイを
見せています。

3ポイントシュートの成功率も45%を超えていますし
約22分間の出場で平均19.2得点、5.2アシストをマーク。

例年、3ポイントシュートの成功率をシーズンが進むにつれて
上げていくカリーが飛ばしている感じもしますね。

ゴールデンステイト・ウォリアーズの開幕戦は
2015年10月27日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦です。

それではカリーのコメントの意訳と共にベスト4から順番に見ていきましょう。

ステフィン・カリーが選ぶ自分のベストプレイNo.1

【その1】サンダー戦で見せた左手でのドリブルからのレイアップ

『左手でのドリブルでフロントコートに入っていったんだ。
僕は左手でのドリブルが好きなんだけどね。
それでラッセル(ウェストブルック)が3ポイントラインの外側で止めようとしたんだ。
だから左手でレッグスルーしてから後ろで左手で受けて前に出たら
目の前にはフリーレーンがあったってわけさ!』

ステフィン・カリーが選ぶ自分のベストプレイNo.2

【その2】ミルウォーキー・バックス戦での3Pショット

『このショットは僕の一番のお気に入りさ!
僕の体全体がリズムに乗っていたと感じていたよ。
シュートを打った瞬間、入ることは疑いの余地もなかったね!』

ステフィン・カリーが選ぶ自分のベストプレイNo.3

【その3】ニューオーリンズ・ペリカンズ戦でのブザービーター

『ペリカンズ戦でのコーナーからの3Pショットは
第4クオーターで大差から追いあげている時のビッグモーメントだったね。

僕のやるべき仕事は3Pを決めて試合をオーバータイムへ持ち込むということだった。

マリース・スペイツがオフェンスリバウンドを
取ってから僕にパスをくれたんだ。

アンソニー・デイビスがブロックに来ていたし
シュートが入ったかどうかわからなかったけど
立ち上がった瞬間はクールだったね!
試合はタイでオーバータイムへ突入だったんだから!』

ステフィン・カリーが選ぶ自分のベストプレイNo.4

【その4】LAクリッパーズ戦で見せたハンドリングスキル

アンドリュー・ボーガットのスクリーンを使ってから
いくつかのドリブルコンビネーションをして
中に入ろうとしたけどちょっと無理そうだったんで
リングに背を向けて遠ざかったんだ。

でも僕は物凄くリズムに乗っていたから
向きを変えてシュートを打ったんだ。

カッコよかっただろ?』

さすがMVP男って感じですかね!

以上、カリーの選ぶ2014-15シーズンの自身のベストプレイトップ4でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

  1. […] つづきはこちら (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top