NBA stars -NBAファンサイト-

ステファンカリーの練習動画をチェック!歴代最高のシューター?

ステファンカリーの練習動画をチェック!歴代最高のシューター?

スポンサードリンク

素晴らしいスタートダッシュに成功した
ゴールデンステイト・ウォリアーズ。

そのウォリアーズのPGを務めるのが
ステフィン・カリー

SGのクレイ・トンプソンと共に
スプラッシュ・ブラザーズというニックネームを持つ
素晴らしい才能を持ったプレイヤーですよね。

今回はステフィン・カリーをピックアップしていきます。


スポンサードリンク

ステフィン・カリーは歴代最高のシューターになれる?

まずはカリーのプロフィールを見ましょう。

フルネーム:Wardell Stephen Curry II
生年月日:1988年3月14日
出身地:オハイオ州アクロン
身長:191cm
体重:84kg
ポジション:PG/SG
背番号:30
ドラフト:2009年1巡目7位(GSウォリアーズ)
ステフィン・カリー 史上最高のシューター
ご存知の通り、カリーの父親もNBAで
名シューターとしてならしたデル・カリー
デル・カリー
弟はD-leagueで活躍
時にNBAでもプレイするセス・カリー
セス・カリー
父親がシャーロット・ホーネッツでプレイしていた関係もあり
カリーはノースカロライナ州シャーロットで育ちました。

ステフィン・カリーの高校時代

カリーはシャーロット・クリスチャン高校に通い
チームに3度のカンファレンス優勝、3度の州プレイオフに進出をもたらし
個人的にもカンファレンス代表、州代表選手にも選出されました。

しかしながら180㎝、72㎏というバスケ選手としては
小柄で華奢な体格の為、メジャーカンファレンスに所属するカレッジから
アスリート奨学金の申し出がありませんでした。 

ステフィン・カリー 高校

父親がプレーし、殿堂入りも果たしたバージニアテック大学ですら
カリーに対して、通常の入学からチームに所属するとうオファーしか出しませんした。

デイビッドソン大学、バージニア・コモンウェルス大学
ウィンスロープ大学がアスリート奨学金をオファー。

カリーは1969年にNCAAを制してして以来
優勝から遠ざかっているデイビッドソン大学を選びました。

ステフィン・カリーのデイビッドソン大学時代

カリーは1年生でチームが所属するカンファレンスの
新人賞MVPなどを総なめにする活躍を見せます。

2年生の頃には身長が191㎝まで伸び
サザン・カンファレンスの得点王となります。

3年生の時にはNCAAオールアメリカンの
ファーストチーム
に選出されます。

カリーの大学時代の1試合平均スタッツを載せておきますね。

  • 1年生:21.5得点、4.6リバウンド、2.8アシスト、1.8スティール
  • 2年生:25.9得点、4.6リバウンド、2.9アシスト、2.1スティール
  • 3年生:28.6得点、4.4リバウンド、5.6アシスト、2.5スティール
  • ステフィン・カリー デイビッドソン大学

    そして2009年のNBAドラフトでG.S.ウォリアーズから
    1巡目7位指名を受けリーグ入りを果たしました。

    ステフィン・カリーはNBA歴代最高のシューターになれるか?

    NBA入り後もその素晴らしいシュート力で活躍しているのはご存知通り。

    2012-13シーズンにはカリーが
    NBAの1シーズンにおける3Pシュート成功数【272本】
    の新記録を樹立したのは記憶に新しい所でしょう。
    (それまでの記録はレイ・アレンが記録した【269本】)

    まだNBA歴代最高のシューターと呼ぶにはキャリアが浅いカリーですが
    NBAデビューから最初の4年間の3P成功数を比較したデータでは
    レジー・ミラーレイ・アレンよりも圧倒的に多い成功数を記録しています。

  • レジー・ミラー:421本
  • レジー・ミラー 姉
    関連記事はコチラ↓
    伝説のミラータイム!MJも殴り掛かった口の悪さ!
    レジーvsニックス!トラッシュトークでスタークスを退場に!?
    レジー・ミラーのキャリアハイ57得点ゲームを振り返る!

  • レイ・アレン:497本
  • カリー レイ・アレン

  • ステフィン・カリー:644本
  • NBAデビューしてから5シーズンの3Pシュート成功率も44%を超えています。

    レジー・ミラーやレイ・アレンはNBAに入って最初の5年は
    30%台後半なので、如何にカリーが若くして
    正確な3Pシュートのスキルを持っているかが分かると思います。

    ちなみにレジー・ミラーの3Pシュート成功率で最も高かったのが
    リーグ入りして11年目に記録した42.9%

    レイ・アレンは17年目45.3%

    カリーは3年目45.5%を記録しています。

    カリーが怪我なくこのペースでキャリアを重ねれば
    ミラーとアレンの記録を抜くのは間違いないでしょうね。

    その頃にはカリーがNBA史上最高のシューターと呼ばれている事でしょう。

    ステフィン・カリーのトレーニング動画をチェック!

    そりゃあ、フローターシュートもスパスパ決まるわな…と
    思わせるくらい簡単に片手で決めますね。(笑)

    あのロープ使うトレーニングは結構キツイんですよね~。

    他にはメディスンボールを使ったり、チューブで抵抗をつけたり
    コンタクトプレイを想定したりと色々なトレーニングをしています。

    カリーはゲームメイクもするPGなのでボールハンドリングの練習にも
    かなり熱心に取り組んでいるそうです。

    ステフィン・カリー 練習動画

    彼の持つハンドリングスキルの高さが
    カリーを特別な存在にしているのではないでしょうか?

    というのも、普通シューターは味方スクリーンを使って
    フリーになったところでパスをもらってシュートを決めるものです。

    しかしカリーにはスクリーンが必要ありません

    自らのドリブルでシュートを打てるスペースを創ってしまいます。

    3ポイントシューターとしては極めて稀なタイプですよね。

    今シーズンもウォリアーズとカリーの躍進は続きそうですね!

    あっ、今シーズン、カリーの履くアンダーアーマー
    クラッチフィットドライブというバッシュは
    ナイキのハイパーダンク2014より良い出来らしいですよ!
    アンダーアーマー バッシュ
    関連記事はコチラ→アンダーアーマーのバッシュってどうなの?

    最後に2009年ドラフト組の優秀なガードを紹介しておきますね。

    ちなみに順位はドラフトでの指名順位です。

  • 3位:ジェームズ・ハーデン
  • ジェームズ・ハーデン

  • 5位:リッキー・ルビオ
  • リッキー・ルビオ

  • 7位:ステフィン・カリー
  • ステフィン・カリー

  • 9位:デマー・デローザン
  • ダマー・デローザン
    関連記事はコチラ→デローザンの身体能力がスゴイ!ワークアウト動画も!

  • 10位:ブランドン・ジェニングス
  • ブランドン・ジェニングス

  • 18位:タイ・ローソン
  • タイ・ローソン
    関連記事はコチラ→タイ・ローソンの身体能力とスピードがヤバい!

  • 19位:ジェフ・ティーグ
  • ジェフ・ティーグ

    どうです?このガード陣は今シーズン注目ですよ!

    最後までお読みいただきありがとうございました!


    スポンサードリンク
    URL :
    TRACKBACK URL :

    コメントお願いします!

    *
    DigiPress

    Return Top