NBA stars -NBAファンサイト-

ランス・スティーブンソンがクリッパーズへトレード!

ランス・スティーブンソンがクリッパーズへトレード!

スポンサードリンク

以前から噂されいましたが、ホーネッツがようやく
ランス・スティーブンソンのトレード先を見つけたようです。

2014-15シーズン前にホーネッツに移籍した
スティーブンソンですが、その移籍1年目は
まさに大失敗の年だったといえるでしょう。

2010年NBAドラフト2巡目40位
ペイサーズに指名されたスティーブンソン

NBA入り後最初の4シーズンを過ごしたペイサーズでは
年々成績を上昇させ、スターターに定着
していました。

ペイサーズでの最終シーズンのスタッツは
13.8得点、7.2リバウンド、4.6アシストを記録。

スティーブンソン2013-14シーズンで最も多く
トリプルダブルを記録した選手
だったと思います。

それではトレードの内容をチェックしておきましょう。


スポンサードリンク

スティーブンソンがクリッパーズへ!トレード内容をチェック!

トレードの内容ですが

クリッパーズ⇒ホーネッツ
マット・バーンズ
スティーブンソン トレード バーンズ
スペンサー・ホーズ
スティーブンソン トレード ホーズ

ホーネッツ⇒クリッパーズ
スティーブンソン
スティーブンソン クリッパーズ

という内容のトレードです。

クリッパーズはFAとなるデアンドレ・ジョーダンと再契約できれば
チームとしての強靭なコアは不変ですよね。

ただNBAチャンピオンを狙うにはさらなる補強が必要です。

しかしながらサラリーキャップという壁があり
クリッパーズが優秀な選手を獲得できる道は限られていました。

そこで2014-15シーズンで過小評価された選手を
トレードで獲得するという手段に出たという情報ですね。

そして名前が挙がったのがスティーブンソン

2014-15シーズン、スティーブンソンのスタッツは
61試合に出場し、1試合平均
8.2得点(FG成功率37.6%)、4.5リバウンド、3.9アシスト

3ポイント成功率に関しては17.1%
ペイサーズ時代に記録した35%を大きく下回っています

それではここでスティーブンソン
ペイサーズ時代ハイライト動画をチェックしておきましょう。

ただスティーブンソン獲得は
チームケミストリーの観点からは
リスキーな面もあります。

クリッパーズのHCであるドック・リバース
スティーブンソンにチャンスを与える方向で
彼の起用方法を考えるとのことです。

最新情報ではスターターとしてではなく
ユーティリティプレイヤーとして
スティーブンソンを使う形となりそうですね。

スティーブンソンはクリッパーズで
かつての輝きを取り戻すことが出来るか?

2015-16シーズンはまだ先ですが
彼の活躍に期待したいですね!

以上、ランス・スティーブンソンのトレードに関する話題でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top