NBA stars -NBAファンサイト-

トレードの噂のあるNBAプレイヤーランキング【2014-15】Part1

トレードの噂のあるNBAプレイヤーランキング【2014-15】Part1

スポンサードリンク

アンソニー・デイビスは現在NBAで最も魅力的なトレード対象選手です。

どのチームの喉から手が出るほど、この21歳のビッグマンを欲しがっているのは間違いありません

現状、デイビスは安いルーキー契約のままリーグを支配し
MVP候補の筆頭として活躍しているのですから。

しかし現実的にペリカンズがデイビスを手放すことはないでしょうね。

今回のランキングは実際にいままで幾度となく
トレード対象として名前が挙がっていたプレイヤーに的を絞っています。


スポンサードリンク

トレード対象の魅力的なプレイヤーランキング2015!

この記事では、第10位から第6位までを順番に見ていきましょう。

読者のみなさんも予想を立てながらチェックしてくださいね!

ちなみにスタッツは2014年12月21日現在のものです。

第10位 ディオン・ウェイターズ

ディオン・ウェイターズ トレード
クリーブランド・キャバリアーズ
年齢:23歳
身長:193㎝
体重:102㎏
ポジション:SG
2104-15スタッツ:9.6得点 1.2リバウンド、 2.1アシスト、1スティール

今シーズン、キャブスがレブロンやラブを獲得したことで
6thマンのポジションに収まっているウェイターズ。

ウェイターズはこのポジションを受け入れ
6thマン・オブ・ザ・イヤーの受賞に向けてやる気を見せていました。

キャブスもウェイターズを高く評価しているとのことですが
もしウェイターズ放出の見返りとして優秀なセンターが獲得できるなら
恐らく、トレードに出すと考えられているようです。

今季のウェイターズを見ていると、チームオフェンスにフィットしていないように感じられます。

個人的にはトレード成立の可能性は高いと思っています。

第9位 イマン・シャンパート

イマン・シャンパート トレード
チーム:ニューヨーク・ニックス
年齢:24歳
身長:196㎝
体重:100㎏
ポジション:SG/SF
2014-15スタッツ:9.3得点、3.4リバウンド、3.3アシスト、1.2スティール

今季低迷しているニックスはカーメロ・アンソニー以外は
全員にトレードの可能性があると言われています。

ボールボーイも例外じゃない!なんて言われいるそうですが…。(笑)

最近、左肩を脱臼して欠場中のシャンパートですが
それでも他のチームから大いに興味を寄せられているようです。

まだ24歳という若さですし、2012年には3P成功率40.2%を記録し
将来的に3Pシューターとしての地位を確立できる可能性も十分あります。

個人的には別のチームである程度、自由にプレイさせた方が
伸びるプレイヤーじゃないかな?と感じています。

第8位 ウィルソン・チャンドラー

ウィルソン・チャンドラー
チーム:デンバー・ナゲッツ
年齢:27歳
身長:203㎝
体重:102㎏
ポジション:SF
2014-15スタッツ:14.4得点、6.1リバウンド、1.3アシスト、0.7スティール

チャンドラーはシャンパートのような将来性に関しては乏しいですが
既にリーグの中でシャープシューターという地位を確立しています。

ここでチャンドラーの2012-13シーズンのハイライト動画を見てみましょう。

リーグを見渡しても3Pシュートを放つ頻度と成功率で考えると

  • ステフィン・カリー
  • クレイ・トンプソン
  • パトリック・ベバリー
  • ケビン・マーティン
  • この4人とチャンドラーがトップ5のプレイヤーとなります。

    トレードで別のチームに移籍して、現在のレベルより高いレベルでプレイできることはないでしょうが
    チャンドラーはどのフランチャイズに行っても、大きなインパクトを与えることが出来る選手です。

    第7位 ジェフ・グリーン

    ジェフ・グリーン トレード
    チーム:ボストン・セルティクス
    年齢:28歳
    身長:206㎝
    体重:106㎏
    ポジション:SF/PF
    2014-15スタッツ:19.6得点、4.5リバウンド、1.6アシスト、0.9スティール

    噂ではセルティクスは将来のドラフト1巡目指名権の含まれたパッケージ獲得の為
    グリーンのトレードを頻繁に考えていたそうです。

    レイジョン・ロンドも放出してチーム再建に向かっているセルティクスにとって
    ドラフト1巡目指名権は重要なものでしょうからね。
    ロンド トレード
    関連記事はコチラ↓
    ロンドがトレードでマーベリックスに移籍!
    ロンドがマブス移籍後、初ゲームで大活躍!ハイライト動画もあり!

    ただ今シーズン、セルティクスがイースタン8位にとどまれているのは
    グリーンの活躍によるものが大きいですよね。

    グリーンはフィジカルも強く優秀なディフェンダーでもあり
    スコアラーとしても活躍する才能を持っています。

    ここでグリーンの2013-14シーズンオフェンスのハイライトシーンを見てみましょう。

    もしセルティクスがグリーンを放出する理由があるとすれば
    28歳という年齢と今季が契約の最終年度となるので
    下手をすれば来夏に見返りなしで彼を手放すことになる可能性があるからでしょう。

    第6位 ランス・スティーブンソン

    ランス・スティーブンソン トレード
    チーム:シャーロット・ホーネッツ
    年齢:24歳
    身長:196㎝
    体重:104㎏
    ポジション:SG
    2014-15スタッツ10.2得点、6.8リバウンド、4.8アシスト、0.8スティール

    このブログでも以前に取り上げましたね。
    ランス・スティーブンソン ペイサーズ 移籍
    関連記事はコチラ↓
    スティーブンソンに早くもトレードの噂が!ペイサーズに戻る可能性も?
    スティーブンソンがフロップで自爆?
    スティーブンソン『ペイサーズに残りたかった』

    ペイサーズであれだけ活躍したスティーブンソンでしたが
    ホーネッツに来てからはディフェンスでもうまく機能せず
    オフェンスでも流れを切ってしまうジャンパーを次々と打ったりと
    彼のチームに対する貢献度はあまり評価されていないようです。

    ただスティーブンソンはホーネッツのシステムにフィットしなかっただけで
    別のチームに移籍すれば輝きを取り戻す可能性は十分にあります。

    あのマイケル・ジョーダンが数年後にはオールスター入りする選手だ
    と見越したプレイヤーですからね。

    どうでしたか?

    あなたの予想は当たっていましたか?

    それでは続きはPart2でチェックしてください!

    Part2はコチラ↓
    魅力的なトレード対象プレイヤーランキング2015!Part2


    スポンサードリンク
    URL :
    TRACKBACK URL :

    コメントお願いします!

    *
    DigiPress

    Return Top