NBA stars -NBAファンサイト-

トレイ・ライルズ(ケンタッキー)の評価は?バスケIQの高いカナダ人!

トレイ・ライルズ(ケンタッキー)の評価は?バスケIQの高いカナダ人!

スポンサードリンク

2015年NBAドラフトまであと2か月を切ってしまいましたね。

最近ではカレッジで1年しかプレイせず
ドラフトにエントリーする選手が多いですね。

これまで紹介した選手は全員1995年~1996年生まれですので
海外でプレイする選手含め、カレッジ1年生に相当するプレイヤーということになります。

2015年NBAドラフト上位指名候補選手の紹介記事は下記の通りです。

関連記事はコチラ↓
2015年NBAドラフト【上位指名有力選手まとめ!】
カール・タウンズ・Jrはオラジュワンの再来?
ジャリル・オカフォーはドラフト1位指名?
エマニュエル・ムディエイはCBAでプレイする異端児!
ディアンジェロ・ラッセルは将来有望なコンボガード!
ジャスティス・ウィンスローはグラント・ヒル級のプレイヤー?
クリスタプス・プアルズィンギスはラトビアのビッグマン!
マリオ・ヘゾンジャの身体能力が高い!【U-16欧州選手権のMVP】
スタンリー・ジョンソンは高校No.1と言われた選手!
コーリーステインはラリーバードが認めた100万ドルプレイヤー?

今回紹介するトレイ・ライルズもケンタッキー大で1年のみプレイし
2015年NBAドラフトにアーリーエントリーしました。

カレッジ側としてはエース級選手が
すぐにプロに行くので戦力保持が大変でしょうね…。

まあそれはさておき、今回は高校時代にベスト・ハイスクール・プレイヤーの一人
という評価を受けたカナダ人、トレイ・ライルズを紹介します。


スポンサードリンク

トレイ・ライルズのプロフィールやキャリアをチェック!

生年月日:1995年11月5日
出身地:カナダ、サスカチュワン州、サスカトゥーン
国籍:カナダ
身長:208㎝
体重:107㎏
ポジション:PF/SF
出身高校:アーセナル・テクニカル・ハイ・スクール(インディアナ州、インディアナポリス)
カレッジ:ケンタッキー大(2014年~)

トレイ・ライルズ プロフィール

トレイ・ライルズは高校時代アメリカ最高の選手と評価された?

ライルズは高校4年生(アメリカは州により4-4-4制教育)の時に
アメリカ国内最高の高校生プレイヤーの一人としてランク付けされました。

この年のライルズの1試合平均スタッツは
23.7得点、12.9リバウンド、3.5アシストでした。

彼を熱心に口説いたカレッジはケンタッキー大、インディアナ大、ルイビル大の3校だったそうです。

2010年、ライルズが高校1年生の段階ではインディアナ大に行くことを決めていたようですが
2012年にその約束を破棄し、2013年11月にケンタッキー大に進学することを決定。

それではライルズのハイスクール時代のハイライトを動画でチェックしましょう。

トレイ・ライルズのケンタッキー大でのプレイをチェック!

ライルズは2014年6月12日にケンタッキー大に入学。

しかし足の負傷の為、8月10~17日までバハマで行われた
エキシビションマッチを欠場しました。

カレッジでのスタッツは平均出場時間23分で
8.7得点、5.2リバウンド、1.1アシスト、0.4ブロックでした。

それではここでライルズのケンタッキー大でのハイライトを動画でチェックしましょう。

トレイ・ライルズのプレイスタイルや評価は?

ライルズ本来のポジションはパワーフォワード。

アメリカでの評価は結構辛口ですね。

スムーズな選手だが、爆発力や跳躍力に欠け、エリートレベルではないという感じです。

スピードがない分、クイックネスのある選手に
対するディフェンスで苦労するシーンが見られますね。

アウトサイドシュートに関してはそこそこといった感じで
まだまだ進化の余地は残っている感じです。

トレイ・ライルズ プレイスタイル

ただサイズがあり、身長208㎝に対してウィングスパンが220㎝ほどあります。

また体幹が強く、当たり負けしないフィジカルの強さ
バスケットボールIQが高いという武器も持っていますね。

セルフィッシュなプレイもなく、フリーの味方選手を見つけるのも上手いです。

総評としてはもしライルズがNBA入り後にさらに体を大きくすることに成功し
スピードのあるフットワークを獲得できれば、スター選手になれる可能性は
大いにあると思います。

以上、トレイ・ライルズについてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top